Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

非通知は繋がりません。電話する際は最初に186をつけておかけください。

Close

相談会・セミナー

青年期から成人期の発達障害支援の現状と課題(LITALICOフォーラム) 終了
青年期から成人期の発達障害支援の現状と課題(LITALICOフォーラム)

開催情報

【開催日時】
2018年11月4日(日) 10:30~17:00
(入場受付時間10:00~17:00)
※受付済ストラップ着用にて途中入退場可

【参加費】
3,000円(税込)/人
※領収書について
お申し込み完了後、お申込み詳細メールから領収データにアクセスできます。
領収データへのアクセス方法(Peatixヘルプページ)

【対象】
教育・医療・福祉など発達支援に関わる方

【会場】
東京大学 本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター
(〒113-8654 東京都文京区本郷7丁目3−1)

【アクセス】
東京メトロ丸の内線「本郷三丁目駅」より徒歩8分
都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目駅」より徒歩6分
東京メトロ千代田線「湯島駅」「根津駅」より徒歩15分
東京メトロ南北線「東大前駅」より徒歩15分

【お申込み・決済方法】
Peatix専用ページからお願いいたします。
>Peatix専用ページ

※1つの団体から2名様以上でご参加の場合も、必ず1名様ずつでのお申込み・決済をお願いします。

【お申込み締切】
10月31日(水)
※多数お申込みいただいた場合、締切を早める場合がございます

【主催】
LITALICOフォーラム運営事務局

タイムスケジュール

10:00~ 受付開始
10:30~ 基調講演(100分)
【講師】東京大学 先端科学技術研究センター 准教授 熊谷晋一郎先生

12:10~ 休憩(60分)
13:10~ パネルディスカッション(120分)
【テーマ】
青年期から成人期の発達障害者支援の実際と課題
【コーディネーター】
鳥取大学大学院 教授 井上雅彦先生
【パネリスト】
発達障害当事者・支援者の方
【コメンテーター】
熊谷晋一郎先生
LITALICO発達ナビ・仕事ナビ 編集長 鈴木悠平
15:10~ 質疑応答~インフォメーション(20分)
15:30~ 分科会(120分以内)※終了時間は分科会ごとに異なります。
17:30    閉会

※スケジュールは変更になる場合があります。

基調講演

当事者視点から見る青年期以降の発達障害者支援
~そのケモノ道から学ぶもの~

【講師】東京大学 先端科学技術研究センター 准教授 熊谷晋一郎先生

成年期以降の支援は、子どもを対象とする知見のみならず、成人当事者活動の長い歴史を熟知する必要があります。講演では、日本で生まれた当事者研究という実践を当事者活動の系譜に位置付けることを試みます。特に、昨今の精神保健領域における世界的なパラダイムシフトを特徴づける「社会モデル」「リカバリーアプローチ」「反スティグマ」「共同創造」が、「研究的態度」「公開性」「自伝的記憶の構築と共有」と言った特徴をもつ当事者研究によって日本社会に実装されつつあることを、発達障害の当事者研究を例に解説します。

(定員 480名)

パネルディスカッション

【コーディネーター】 鳥取大学大学院 教授 井上雅彦先生
【パネリスト】 発達障害当事者・支援者の方
【コメンテーター】 東京大学 先端科学技術研究センター 准教授 熊谷晋一郎先生
       LITALICO発達ナビ・仕事ナビ 編集長 鈴木悠平
発達障害のある方の青年期・成人期のニーズは、学校、家庭、職場において多様であり、それまでの成育歴の中での理解や支援の歴史にも影響されます。今回は当事者の視点から社会や個人がどうあるべきかを考えてみたいと思います。社会という環境に対して、身近なところから何ができるのか?第一歩を踏み出すには?発達障害への支援に限らず様々なヒントを得ていただけるでしょう。

(定員 480名)

分科会プログラム(予定)

青年期~成人期を見据えたインクルーシブ教育の現状と課題
【講師】LITALICO研究所 所長 野口 晃菜

インクルーシブ教育システムの現状について概観し、インクルーシブな社会のための課題と今後の展望について、 LITALICOジュニアとLITALICOワークスにおける実践例を交えながらお話しします。
(定員 480名)

ASD者の非定型な知覚世界をVR体験しよう
【講師】LITALICO研究所 研究員 本間 美穂

LITALICO研究所が参画している共同研究プロジェクト「CREST 認知ミラーリング」より、体験会を開催します。 自閉スペクトラム症(ASD)の非定型な知覚世界をVRを用いて疑似体験し、 当事者の抱える困難さの理解とより良い支援につなげます。 LITALICO研究所のコンセプト・活動内容についてもご説明いたします。
(定員 60名)

教育と福祉の未来を描く支援の 輪×和×話
【講師】LITALICOワークス ヒューマンリソース部 精神保健福祉士 和泉 亮

教育と福祉のよりよい未来の連携の形を、参加者同士のワークショップを通じて考えます。
お互いの経験を分かち合い、対話を通じて、これからの教育/福祉の支援の形を一緒にデザインしていきましょう。
(定員 36名)

当事者への医療活用のアプローチ
【講師】慶應義塾大学 精神・神経科学教室 特任助教 増田 史先生

臨床現場の観点から、当事者に合った医療機関の利用へつなぐアプローチ方法を見ていくとともに、 福祉と医療がどのように連携していけばいいのかについてワークショップを交えてお話しします。
(定員 30名)

子どもの進路とその先の選択、そこに関わるお金について
【講師】LITALICOライフプランニング  鈴木 健

小学校以降の進路の選択肢や、学費についての情報提供をはじめ、お子さまの自立・ご家族との生活に向けた見通しを立てていく内容となっております。将来をイメージした上で、お子さまのために今から何を準備していけば良いのか、何を考えておくべきかを共に考えていきます。
将来について漠然としたご不安のある方にとって有益な内容となっています。
(定員 36名)

専門職としての迷いと価値
【講師】東京福祉大学・大学院 講師、LITALICOワークス外部スーパーバイザー 中里 哲也先生

支援において専門性は異なります。そのため専門職であることの迷いは誰しもが経験するものです。
「その迷いをどのように解消していけばよいのか」「専門職として前に進むには、何が必要なのか」参加者同士で一緒に考えながら、自分自身の成長に必要なエッセンスをひとつでも持ち帰ってもらえる時間にできたらと考えています。
本講義は、福祉・医療・教育分野で支援に携われている方におすすめします。
(定員 65名)

※プログラム内容は変更になる場合があります。

まずはお気軽にご相談ください。

※ご家族のみでの相談も可能です。

電話で相談したい方

ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。
電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

お電話はこちらから

会って相談したい方

じっくり相談したい方におすすめです。
近隣の会場をご案内いたします!

「会って相談」を予約する

資料請求はこちらから

※ご家族のみでの相談も可能です。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ