Close

Close

就職事例ストーリー

20代男性(教育のお仕事・発達障害)の就職・雇用事例
20代男性(教育のお仕事・発達障害)の就職・雇用事例

トライアル雇用から就職へ

男性/20代/教育

発達障害

「課題は多い、でも働きたい」 何事にも前向きなNさん

いつも元気に挨拶するNさんは、真面目で何事にも前向きに一生懸命取り組める方です。
「私は動作や作業に時間がかかるし、社会経験も不足しています。このあたりが、課題だと思っているんです。あとほかにも、身だしなみの乱れとか、指摘してもらったことに言いわけをしてしまう、他の方に上から目線で接してひんしゅくを買ってしまう、とか……」

LITALICOワークスに相談に来た日、ご本人が感じていらっしゃる課題をいろいろ話してくださいました。Nさんは一人で就職活動していましたが、ずっと不採用が続いていました。そのため、障害者職業センターに相談したところLITALICOワークスを紹介され、利用を開始しました。

諦めずにチャレンジできる求人開拓に注力

利用開始後、積極的に面接を受けつづけたもののなかなか採用に至りませんでした。
その後、徐々に書類選考も通らないことも増えていきました。利用開始1年半経過したころ、Nさんの中で「就職は難しいのではないか……」と思い始めました。その後、合同面接会にスタッフと一緒で参加しましたが、面接はあっけなく終わり、手応えはまったく得られませんでした。

さすがに前向きなNさんも相当落ち込みました。その様子を見かねてNさんのご家族と3者面談をおこなうことになりました。ご家族からスタッフに相談がありました。
「この子に、一般就労は難しいのではないでしょうか…」
スタッフはご家族の気持ちを察しつつも、Nさんの気持ちを解っていたので返答に困っていたところ、
Nさんが「あきらめたくないんです!」
スタッフの目をしっかりと見て、Nさんは言いました。

「年金じゃなくて自分で働いたお金の方が嬉しいんです。それに世の中にはもっと重い障害のある人もいて、自分はまだ働けると思うんです。頑張れる人は、頑張れるだけ頑張らなきゃ。そうでしょ?」
Nさんは、「次はもっと頑張るぞー!」と気合十分。

その姿に、可能性を信じて粘り続ける姿をみたご家族は、LITALICOワークスの他のスタッフともNさんを支えていくことを決めました。その後、Nさんがチャレンジできる求人の開拓に注力し、ついにトライアル雇用がスタートしたのです。

気合十分の目標設定

やっとつかんだトライアル雇用。Nさんはトライアル雇用の前日に、コピー用紙を3枚、スタッフに見せてくれました。

『月1で髪の毛を切る!』
『ウソを言わない!』
『確実に仕事し本契約を目指す!』

太い黒マジックで大きく書いた、気合い十分の目標設定。これを自宅の玄関に貼って、毎日読んでから出社するつもりだといいます。
「スタッフと一緒にここまで頑張ってきたんです。ちゃんとやりきって、この仕事を続けたい」
いつも以上に素敵な笑顔で、Nさんは今日も元気に出社しています。

※プライバシー保護のため、一部の文章について事実を再構成しております。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ