Close

Close

就職事例ストーリー

20代男性(アミューズメントのお仕事・統合失調症(精神障害))の就職・雇用事例
20代男性(アミューズメントのお仕事・統合失調症(精神障害))の就職・雇用事例

企業インターン、今まで気づかなかった適性や面白さ

男性/20代/アミューズメント

統合失調症(精神障害)

前職で発症、不安定な生活は二度としたくない

Mさんの前職は飲食業、その頃病気の認識がありませんでした。精神面の不安定さや人間関係に悩みながら勤務をしていたそうです。「あんな思いはもう二度としたくない!」「サポートを受けながら、安心して働いていきたい」という思いをLITALICOワークス利用当初にお話していました。

Mさんが発症していたのは統合失調症。統合失調症は幻覚や妄想といった症状が特徴的な精神疾患であり、家庭生活や社会生活の中で生きづらさを感じることもある障害です。Mさんは「○○さんと△△さんは私のうわさ話をしているのではないか」「私のことが嫌いだからわざとあんな態度をとったんだ」など、周囲の反応に敏感で、かつ被害的に感じてしまう傾向が強くありましたが、これらは統合失調症の特徴的な症状となります。

前職で、不眠症・めまい・腹痛・耳鳴りなどの症状が現れ、集中力が無くなり、仕事でのミスが増えました。それらは仕事に大きく影響しました。病院に行くと精神科への受診をすすめられ、そこで統合失調症と診断されます。

就労支援の開始

統合失調症の診断を受けて、自分らしい働き方を実現するために転職を決意。東京・神奈川にあるいくつかの障害者就労移行支援事業所を検討しましたが、障害者向けの求人情報が得やすく、豊富なカリキュラムや長期的な就労継続をサポートする定着支援制度が充実しているなどの理由でLITALICOワークスを選んだといいます。

Mさんはとにかく就職活動に意欲的。希望は、自身で鍛え上げているたくましい肉体と筋力をいかせる仕事とのことから、適度に体を動かせる作業系の求人を探していました。ただし「環境が変わったことがきっかけで、再発や症状悪化の心配があります」と本人の通院先である医療センターの担当スタッフの方からの懸念もあり、医療との連携にも重点をおきながら、カリキュラムを続けました。

就労支援ではビジネスマナーのプログラムにはじまり、履歴書の作成やワークショップなどの就労サポートをおこないました。就労支援の開始時はなかなか体調が安定しませんでしたが、症状は服薬でコントロールし、体調が落ち着いてからは心理社会的療法によってストレスへの抵抗力を高めました。また、企業インターンでは作業系の仕事以外にもチャレンジ、事務系や小売業の実習にも取り組み、今まで気づかなかった仕事への適性やおもしろさを改めて知り、自信を深めていったと話します。

就職を実現!雇用先での様子は・・・

就労支援が進むにつれて、毎日通うことができるようになりました。そして、ハローワークと連携して神奈川県のアミューズメント施設の求人に応募し、採用面接を経て無事に就職しました。障害者の雇用に積極的な企業だったことが決め手になったといいます。

定着支援では、企業の担当者へ本人の状況をお伝えし、シフト面などで合理的な配慮をいただきました。その後も定期的な面談や企業訪問などのヒアリングを通して情報共有を続けました。

雇用後の間もないころは「職場になじめるだろうか」と不安だったそうですが、職場も社員が長く働けるような環境作りをしており、今では安心感を持って就職先になじんで仕事できていると話しています。
Mさんは悩みや不安が小さいうちに問題解決できるようになったことが大きな収穫であったように思います。

現在も体調に多少の波はあるものの、土曜日と日曜日はしっかりと休んで、疲労を蓄積しないように体調管理をしているなど、統合失調症とうまくつきあいながら働いています。

たまに、茶話会や同窓会などに参加し、利用者さんやOBの方と近況報告など楽しそうにお話しています。あるとき「飲食業の経験で得た接客やサービスのスキルをいかして、今後も力強く働いていきたい」と笑顔でお話していました。

今後も自分らしく働ける職場で働き続けられるようにサポートしていければと思います。

※同窓会:OBの方がプログラム内容やメニューを企画から考えて開催する会
※茶話会:月1回、定期的に開催している利用者さんやOBの方が集まってお話しする会
※プライバシー保護のため一部の文章について事実を再構成しています。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ