Close

Close

就職事例ストーリー

30代男性(福祉のお仕事・統合失調症)の就職・雇用事例
30代男性(福祉のお仕事・統合失調症)の就職・雇用事例

希望の仕事で正社員に。周りのみんなに感謝!

男性/30代/医療(介護士)

統合失調症(精神障害)

夢は正社員になって車を買う

統合失調症のあるMさんは考えや気持ちが変わりやすく、志望する職種や仕事をなかなか絞り込めずに困っていました。LITALICOワークス利用しはじめた頃は、目立った症状もなく安定している様子で医師からもフルタイムで働くことが可能といわれていました。しかし、考えや気持ちが変わりやすく、Mさん自身が希望した企業インターン中に「実は他の仕事がやりたかった」など、考えが揺れることもありましたが、「正社員になって自家用車を買う」という夢は、どんなときでも変わりませんでした。

ある日、Mさんから「求人情報誌に掲載されていた介護の仕事が気になる」と相談がありました。そこで、LITALICOワークスの担当スタッフは、掲載企業に直接連絡をし、Mさんと一緒に見学をすることになりました。企業の担当者からは「介護は個人の得手不得手が出やすいので、障害の有無ではなく、戦力として働ける環境を整えることを大切にしています」との話があり、一般採用/障害者採用と関係なく採用をしていることが分かりました。

パートとして就職、正社員を目指す

見学後、Mさんは雇用前実習へ進み、一緒に働くことになる現場の方々との相性などを確認することになりました。会社の姿勢や仕事場の雰囲気の良さが決め手となり、まずはパートとして働きはじめることが決まりました。

しかし、Mさんの希望は正社員です。そこで就職前に「何が達成できれば正社員になれるのか」を人事の方に確認したところ、条件を2つ提示されました。1つは「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の取得」、もう1つは「単独で夜勤を任せられること」でした。

Mさんの正社員採用への意欲と意気込みは変わることがありませんでした。そこでスタッフは、主治医への確認とともに、現場のリーダーや企業とも連携し、Mさんをサポートしていく体制づくりをスタートしました。

夜勤も資格取得も同時に取り組もうとしていたMさんに、スタッフは段階的に条件をクリアしていくことをアドバイスし、まずは「介護職員初任者研修の取得」を最初の1年で目指すことにしました。その後、Mさんの努力の甲斐あって条件の1つ目である資格取得することができました。

次の条件は、「単独で夜勤を任せられること」ですが、夜勤をおこなうことで睡眠のリズムが乱れ、体調が崩れるのではという心配がありました。そこで、Mさんの主治医に体調の変化について確認しながら、何かあった場合のことを考えて夜勤開始前の面談に家族にも同席してもらうように調整しました。

また、夜勤のシフトも段階を踏んで徐々に目標達成していけるように、LITALICOワークスのスタッフは現場リーダーの方と相談しながら、Oさんと一緒に計画を作成しました。そして、夜勤を続ける中で、Mさんの課題がみえてきました。夜勤は人数が少ないため段取りのよさが必要となります。そのため、Mさんは普段以上のスピードで仕事をする必要があり、また効率よく仕事を進めていかなければいけませんでした。現場の同僚からのフォローもあり、Mさんは徐々に夜勤の仕事を単独でできるようになりました。

入社から2年後、念願の正社員へ

資格を取得してから1年後、入社から2年かけてMさんは念願の正社員になることができました。プライベートでは、、就職前からずっと購入を希望していた自家用車を、新車で購入することもできました。

「くじけそうになったこともあったけど、正社員になれて良かった。家族や上司、支えてくれた人たち全員に、感謝しきれないほど感謝しています!」と語るMさん。休日は家族へのサービスとして、愛車で出かけているそうです。

※プライバシー保護のため一部の文章について事実を再構成しています。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ