Close

Close

LITALICOワークスとは

そのひとりの働くを実現するプロとして

一人ひとりを理解し、専門的な視点を持ってその人にあった支援と職場環境への働きかけをしていきます

就職を実現するためのニーズやプロセスは一人ひとり違います。LITALICOワークスではそのひとりに最適な支援を提供するために、専門的なアセスメントと具体的な計画、本人だけでなく職場環境や関係機関を巻き込んでその人に合った働くを実現することを目標にしています。
LITALICOワークスでは企業でのマネジメント経験や福祉サービスの専門家、NPOや人材育成などさまざまな経験のあるスタッフを採用しています。
スタッフの研修では障害と就労に関する両方の知識を学び、実践を踏まえながら継続的なフォローアップ研修の実施、社内試験やスーパーバイズを通してスキルアップを行っています。

就労支援研修の流れ

STEP01 配属前研修 配属前研修(1週間) STEP02 3ヶ月後 フォローアップ研修 STEP03 6ヶ月後 フォローアップ研修

入社時に以下の3つを学び、その後の6ヶ月間、実践を踏まえて学んだ知識がスキルとして定着するようフォローアップ研修をおこなっていきます。研修は座学の提供にとどまらず、テストによる理解度確認や、ロールプレイを通して実践的な理解を促進するなど、支援で求められる知識とスキルが着実に身につく内容になっています。

  • 1. 就労支援制度との背景理解

    就労移行支援に関わる福祉の制度と、障害者雇用に関する企業側の制度の両方を学びます。
    また、LITALICOワークスが考えるサービスやコンセプトについての理解を深めます。

  • 2. 障害に関する知識の習得とアセスメント

    主な疾患や特性などの障害に関する知識のほか、本人や家族に対する面談を通して就職に向けての困難さや、本人の状況を整理するアセスメントスキルを体系的に学びます。

  • 3. 本人や環境に対する支援アプローチ

    支援の基本的な考え方やアプローチ方法、ワークショップとして提供するカリキュラムの運営、企業や地域社会に対して働きかけていく役割などをロールプレイングやOJTで学びます。

スキルアップ研修の流れ

STEP01 初月 初回プレゼン、ロールプレイ、初回スキル評価 STEP02 数ヶ月間 実地でのスーパーバイズ、中間スキル評価 STEP03 6ヶ月後 プレゼン、ロールプレイ、スキル評価

独自のスキル評価制度をもとに、スキルアップしていくための研修を実施しています。障害のある方に対しての支援スキルのみならず、雇用側の企業に対してのアプローチ方法や、各種社会資源と連携した地域支援をコーディネートしていくソーシャルワークなど、就労支援における一連の業務を正しく理解・実践していることを、知識の埋め込みだけでなくプレゼンやロールプレイ、さらには実地でのスーパーバイズも交え、実践を重視した研修をおこなっています。

研修トレーニングの講師紹介

陶 貴行

臨床心理士
障害者職業カウンセラー7年(障害者職業センター)、就労支援ワーカー2年(障害者就業・生活支援センター)経験後、2013年4月入社

職業リハビリテーションや臨床心理学の実践と理論に基づいて、障害やその支援方法、アセスメント、支援計画作成に関する研修を提供しています。支援に「答え」はありません。しかし、目の前の人から頂ける「応え」があります。勘や経験だけに頼るのではなく、実践から得られた科学的根拠を理論に照らし合わせながら、ひとりひとりのニーズに「応え」ていくことがプロの仕事だと考えます。そのようなプロがひとりでも多く育っていけるよう私も日々一緒に学んでいます。

恒吉 麻実子

社会福祉士 第1号職場適応援助者養成研修修了
福祉法人で就労支援を5年経験後、2011年入社

現場での実践と、学生時代に学んだ心理学、ソーシャルワークの理論をもとに研修を担当しています。人に関わるプロとして、私たちは常に技術を向上させていく責任があります。それと同時に、学び続けていくことで支援に携わる楽しみも増えていくと思います。私自身もスタッフや関わるすべての方に学びながら、一緒に技術の向上に努めていきます。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ