Close

Close
Close
就職事例ストーリー

うつ病の方の就職・雇用事例

うつ病の方の就職・雇用事例をご紹介します。
以前の仕事での出来ごとや抱えている仕事や対人関係の悩み、就労移行支援を利用してはじめて分かった自分にあう仕事内容や働く環境のこと、就職活動時の求人さがしや採用面接やのこと、企業に雇用したあと働く上で工夫していることや大切なことなどを。就労支援を利用し、一人ひとりにあった「働く」を実現したうつ病の方々のさまざまなケースを掲載しています。

うつ病とは

気分障害の一種とされ、精神的ストレスや身体的ストレスなどが重なり、強いうつ状態が長く続く状態のことをいいます。
また憂うつな気分や意欲の低下などの精神的な症状だけでなく、睡眠障害、食欲不振、めまいなど、身体的な症状が現れることがあります。
うつ病の方の中には、就労中に発症したため再び働くことに不安や恐怖を抱く方もいますが、LITALICOワークスは全国に4,500ヶ所以上の職場のインターン先があるので、まずは仕事に少しずつ慣れていくことからはじめることも可能です。企業での実習業務には事務系や軽作業など多種あります。

本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。また、うつ病の方からよくあるQ&Aをご紹介します。

仕事を続けるのが難しくなったら、退職した方がいい?

うつ病の症状が悪化し、仕事を続けることが困難になったら、すぐに退職という判断をするよりも、まずは、かかりつけの病院に行き、主治医と相談しましょう。主に正社員を対象に、多くの会社では、「病気やケガで一時的に働けなくなった時、しばらく休みを取らせて回復を待つ制度」として「休職」を設けています。休職制度を活用することで、会社に籍を残したまま長期休暇を取得でき、給料の約2/3が傷病手当として受給できる可能性があります。

※会社の制度や雇用契約によって利用できる制度が異なりますので、必ず会社に確認をしましょう。

復職するにあたって気を付けることって何?

休職期間が長くなればなるほど、早く復職しなければと焦る気持ちが生じます。しかし、焦って職場復帰を試みても、復帰過程でよくなりかけていた症状が再び悪化し、出勤が困難となったりするケースが多くあります。
一説によると、うつ病の再発率は60%もあり、その後再発を繰り返すとさらに再発率が高くなるとされています。再発を防ぐために、ご本人は職場復帰をあせらないこと、また、ご家族も復帰に向けた休業中の安心できる環境をつくることが円滑な職場復帰を支援するうえで大切です。

安心して働き続けるには・・・?

就職する時に、障害や病状のあることを企業に開示して就職するオープン就労と、企業に非開示で就職するクローズ就労があります。2017年4月障害者職業総合センターの「障害者の就業状況等に関する研究調査」によると、一般求人の障害非開示より障害開示での就職の場合の方が、離職リスクが低下しています。
障害をオープンにして就職する場合、障害に理解ある働きやすい環境である反面、そのような求人・職場に出会うのが難しいと言われています。障害をオープン・クローズで働くメリットとデメリットについては、こちらのページをご覧ください。

  • 30代
  • 事務職
  • 製造業
うつ病、不安障害、強迫性障害(精神障害)

契約社員から、月給20万円の正社員を目指して

精神障害を開示せずに働いてきたため長期就業が難しく、「今回は障害を開示した上で働きたい」「家族にお金を渡したい」という思いがあり、事務職の正社員を希望していましたが…

  • 30代
  • コールセンター
統合失調症(精神障害)

安定して働くことができる仕事環境を整備

躁鬱の繰り返しで勤怠が不安定な状況のCさん。責任感が強くスイッチが入ると落ち着きがなくなる躁状態へ。企業担当者と事前に話し合い、慣らし運転だと思ってまずは長く働く…

  • 20代
  • 自動車販売
  • 洗車・事務補佐
アスペルガー症候群(広汎性発達障害)、うつ病(精神障害)

必要な人に障害開示、希望を素直に伝えるということ

大学卒業後、Wさんは就活をはじめましたが、どこも面接が通らず不採用が続く日々。内定が貰えないことを焦り、そのストレスから抑うつ状態になり・・・

  • 40代
  • 福祉
  • 介護
うつ病(精神障害)

障害は非公開で、希望の就職へ

コミュニケーション力が高く、誰に対してもフレンドリーなUさん。ヘルパー資格を持っていたので、資格をいかして介護職で就職したいという希望を持っていました。しかし・・・

  • 20代
  • 事務職
  • ビル管理
うつ病(精神障害)

「つい無理をしてしまう」定着支援で不安解消

Bさんは病院に行き精神障害(うつ病)だと診断されます。うつ病になったBさんは今後どうしたらいいのか分かりません。また働くことができるのか不安もありました。そんなとき・・・

  • 30代
  • プログラマー
  • 人材派遣
うつ病(精神障害)

細く長く働き続けることを目標に

Eさんは東京で情報技術系の学校を卒業し、IT企業でシステムエンジニアとして働いていました。そこでは毎日過酷な納期に追われるなかで深夜までサービス残業が続き・・・

  • 20代
  • バックヤード
  • 福祉用具
うつ病(精神障害)

うつ病を明かさず、一般求人での就職支援

Kさんは自分が「うつ病」と診断されたことに衝撃を受けます。精神障害を治して、自分はまた就職することができるのか、就職したとしても仕事を続けていくことができるのか……

  • 50代
  • 小売業
  • バックヤード
うつ病(精神障害)

置かれた場所で咲きなさい

Kさんはずっと1人で就職活動について悩み、求人に応募しても上手くいかないことへの焦りからイライラを強く感じていました。うつ病について周りに相談するのは・・・

  • 50代
  • 小売業
  • バックヤード事務
うつ病(精神障害)

目標は「新社会人1年生になる!」

長年うつ病のMさんは「新社会人1年生になる!」ことが大きな目標でした。念願だった就職が決まり、雇用先はスーパーで、仕事内容はポップの制作とブログの更新です・・・

  • 40代
  • 福祉
  • 介護士
うつ病(精神障害)

頑張らないことを、頑張ります!

真面目で熱心なHさん。なにか目標を持つと、頑張りすぎて倒れてしまうことを繰り返しました。これは気分障害の特徴の1つで、義務感が強すぎるあまり・・・

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。

※ご家族のみでの相談も可能です。

電話で相談したい方

ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。
電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

お電話はこちらから

Webで予約したい方

こちらのWebフォームからお申込みください。
電子パンフレットをメールでお送りします。

まずは「資料請求」をする

会って相談したい方

じっくり相談したい方におすすめです。
近隣の会場をご案内いたします!

「会って相談」を予約する

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ