Close

Close
Close
就職事例ストーリー

強迫性障害者の就職・雇用事例

強迫性障害のある就職・雇用事例をご紹介します。就労移行支援を利用する前のこと、LITALICOワークスの利用開始から就職活動、就職後のことなどの就職事例をご紹介します。さまざまなケースをご覧ください。

強迫性障害とは

強迫性障害とは、自分の意思に反して、不合理な考えやイメージが頭に繰り返し浮かび、それを振り払おうと同じ行動を繰り返してしまう不安障害の1つです。
症状としては、抑えようとしても抑えられない強迫観念と、それによる不安を打ち消すために無意味な行為を繰り返す強迫行為があります。
強迫観念とは、頭から離れない考えのことで、その内容が「不合理」だとわかっていても、頭から追い払うことができない症状です。
強迫行為とは、強迫観念から生まれた不安にかきたてられて行う行為のこと。自分で「やりすぎ」「無意味」とわかっていても、止めようとすると不安が募り、安心感を得られるまで強迫行為を止めることができなくなります。
LITALICOワークスでは利用者が通うクリニックなどの関係機関と連携し、ご本人の状態に合った就労支援をおこなっていますので、通院しながら利用されている方も多くいます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 30代
  • IT企業
  • 事務職
パニック障害・強迫性障害(精神障害)

高いプライドがパニック障害・強迫性障害へ

エリートコースを歩む家族。父親からのプレッシャーにより焦りやジレンマがストレスへ変わり、パニック障害を発症。その後、強迫性障害にも悩まされ10年以上引きこもり……

  • 30代
  • 事務職
  • 製造業
うつ病、不安障害、強迫性障害(精神障害)

契約社員から、月給20万円の正社員を目指して

精神障害を開示せずに働いてきたため長期就業が難しく、「今回は障害を開示した上で働きたい」「家族にお金を渡したい」という思いがあり、事務職の正社員を希望していましたが…

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。

※ご家族のみでの相談も可能です。

電話で相談したい方

ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。
電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

お電話はこちらから

Webで予約したい方

こちらのWebフォームからお申込みください。
電子パンフレットをメールでお送りします。

まずは「資料請求」をする

会って相談したい方

じっくり相談したい方におすすめです。
近隣の会場をご案内いたします!

「会って相談」を予約する

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ