Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close
就職事例ストーリー

アルコール依存症の方の就職・復職・転職活動のポイントと事例

 

アルコール依存症のある方の働く上でのよくある困りごと、就職・復職・転職活動のポイントやLITALICOワークスを利用して就職された方の就職事例をご紹介します。

 

・アルコール依存症の診断がでたときのこと
・障害で苦労していたこと
・以前の仕事・職場のこと
・LITALICOワークスで学べたこと
・企業実習(インターン)や就職活動のこと
・就職後も長く働くための工夫・・・など

 

障害・年代・業種ごとの様々な就職事例をご覧ください。

 

アルコール依存症の方の就職事例を確認する

アルコール依存症とは

お酒の飲み方を自分でコントロールできなくなり、飲酒が手段から目的に変わってしまう状態です。一旦依存症になってしまうと、飲むのはよくないことだと分かっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなり、様々な健康問題の原因となる可能性があります。

就職・転職での困りごとは?

アルコール依存症を発症すると仕事や社会生活に支障をきたすようになります。飲みすぎて欠勤や遅刻を繰り返したり、記憶力が低下し大事な約束を覚えていなかったりして周りに影響を与えることもあります。まずは断酒に専念し、規則正しい生活を取り戻す必要があります。

就職・転職活動を進めるために

アルコール依存症は再発率が非常に高いと言われているため、就職までには慎重に時間をかける必要があります。治療が一旦終了すると本人や家族は早期の仕事復帰を望みがちですが、仕事はストレスの原因になりやすいため、仕事・就職のタイミングについては主治医と相談しながらタイミングを計る必要があります。

LITALICOワークスでできること

LITALICOワークスでは、飲酒以外でのストレス反応と対処法を見つけるために「ストレスマネジメント」を身に付け、働く上での強み・弱みを理解して自分に合った仕事・職場探しができるようサポートします。お酒とうまく付き合いながら働き続けられるように定着支援サポートもおこないます。

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

アルコール依存症の方の就職・雇用事例

  • 30代
  • 行政
  • 事務職
アルコール依存症(精神障害)

アルコール依存症でも働ける?

アルコール依存症でも働ける?

アルコール依存症・うつ病(精神障害)

大学受験がうまくいかずお酒で嫌なことを忘れるようになったUさん。アルコール依存症と診断後30代後半になり、障害のある方が働く姿を見て自分でも働けるのか半信半疑で……

  • 40代
  • 支援員
  • 福祉
アルコール依存症・うつ病(精神障害)

アルコール依存症・うつ病を認めたくない

アルコール依存症・うつ病を認めたくない

アルコール依存症・うつ病(精神障害)

うつ病やアルコール依存症と診断されても、受け入れることができないNさん。20~30代のほとんどをアルコール依存症で入退院を何度も繰り返し、30代最後の年に就職……

  • 40代
  • 軽作業
  • 物流
アルコール依存症・うつ病(精神障害)

障害者雇用を切り拓き、夢への1歩

障害者雇用を切り拓き、夢への1歩

アルコール依存症・うつ病(精神障害)

2度の断酒に失敗して、3度目の断酒を継続中のSさん。高校中退、無資格、アルコール依存症・うつ病。グループホームを出て1人暮らしをするために就職をしたいと意気込み……

  • 50代
  • 農園
  • 栽培
アルコール依存症(精神障害)

アルコール依存症と年齢、高い壁を超えて

アルコール依存症と年齢、高い壁を超えて

アルコール依存症(精神障害)

仕事でたまったストレスを飲酒でしか発散できなかったOさん。気付いたら病院のベッドの上。アルコール依存症と診断後、即入院。入退院を繰り返し生活保護を受けるも働く……

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ