Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

非通知は繋がりません。電話する際は最初に186をつけておかけください。

Close
就職事例ストーリー

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の方の就職・雇用事例

ADHD(注意欠陥・多動性障害)のある方の就労移行支援に通うまでの悩みや前職のこと、LITALICOワークスの利用を開始してから直面した悩みや変化していった自分のこと、就職活動から仕事するまでのこと、職場での対人関係や仕事で工夫していること、今の目標やこれからのことなど、就職事例をご紹介します。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは

「不注意」(集中力がない)、「多動性」(じっとしていられない)、「衝動性」(順番を待てない)の3つの要素がみられる発達障害の1つです。 長時間集中して作業ができない、しっかりとした計画をせずに行動してしまう等、仕事や社会的な活動に支障をきたすことがあります。
このような特徴は、子どものころからあったものの、大人になって、家庭や仕事の場面で責任が生じたり、学校や職場でほかの人たちと接するなかで障害として気づかれる傾向があります。
LITALICOワークスでは、一人ひとりに合わせたカリキュラムや目標を決定・遂行し、企業での実習で働きやすい職場環境を把握することで、継続的な就労につながる就職をサポートしています。

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 20代
  • 事務職
  • 物流
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDをオープンにし、幼少時からの夢を再実現

物流会社で働くという夢を叶えたUさん。就職後にADHDと診断され、アナログな業務しか担当できず退職。障害に理解のある物流業界で再就職を目標に…

  • 20代
  • 事務職
  • デザイン関連
ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDを物ともせず、いきいきと仕事

LITALICOワークス利用時に勤怠の不安定が続くも、「自分で働いて、自分らしく暮らしたい」と強い希望を持つTさん。定石を覆す就職活動を始め…

  • 20代
  • 清掃業
  • 洗車・事務補佐
ADHD、自閉症スペクトラム障害(発達障害)

ハローワークと連携して実現した、希望の就職

発達障害のAさん。コミュニケーションの苦手意識が強く、仲良くなれない悩みがありました。希望の事務職で納得できる仕事が見つからない時に、ある求人の雇用前実習へ参加する…

  • 30代
  • 事務補助
  • 商社
ADHD・アスペルガー症候群(発達障害)

自分の課題が明らかになると、解決できる

Fさんは幼少期にADHD(注意欠陥多動性障害)とアスペルガー症候群と診断。ハローワークを利用しながら就活、求人に応募しましたが不採用が続きました。そんなとき・・・

まずはお気軽にご相談ください。

※ご家族のみでの相談も可能です。

電話で相談したい方

ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。
電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

お電話はこちらから

会って相談したい方

じっくり相談したい方におすすめです。
近隣の会場をご案内いたします!

「会って相談」を予約する

資料請求はこちらから

※ご家族のみでの相談も可能です。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ