Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close
障害のある方の就職事例

摂食障害の方の就職・復職・転職活動のポイントと事例

 

摂食障害のある方の働く上でのよくある困りごと、就職・復職・転職活動のポイントやLITALICOワークスを利用して就職された方の就職事例をご紹介します。

 

・摂食障害の診断がでたときのこと
・障害で苦労していたこと
・以前の仕事・職場のこと
・LITALICOワークスで学べたこと
・企業実習(インターン)や就職活動のこと
・就職後も長く働くための工夫・・・など

 

障害・年代・業種ごとの様々な就職事例をご覧ください。

 

摂食障害の方の就職事例を確認する

摂食障害とは

摂食障害とは、食に関する行動を中心に心理的・社会的要因が絡み合って生活に支障を与える障害です。主に拒食症と言われる「神経性やせ症」、過食症と言われる「神経性過食症」、「過食性障害」などの総称です。拒食から過食、過食から拒食と変わることもよくあると言われています。

就職・転職での困りごとは?

摂食障害の原因は体重や体形に対する過度のこだわり、価値観、自己嫌悪、家庭環境など様々なことがきっかけと言われています。精神面での抑うつ、不安などから食事制限や絶食、嘔吐、利尿薬・下剤の服薬、自傷行為などの行動を伴うことから、職場に行けなくなったり、周囲との関係にも影響を与えることがあります。

就職・転職活動を進めるために

症状が悪化すると仕事の継続が難しくなり、安定的な生活を送ることにも困難が生じるため定期的な通院や体や食生活の調整、精神面も同時に治療していくことが大切になります。1人で抱え込まず家族や周囲の方の理解やサポートを受け、食生活を整えたり就労に向けて体力づくりをしたりすることも重要です。

治療を継続的に受けながら仕事をしている方も多くいます。症状に応じた働き方ができるような職場を選ぶことをおすすめします。

LITALICOワークスでできること

LITALICOワークスでは「障害理解」や「障害説明」のプログラムで、他者に自身の障害を伝える方法を学びます。

また定期的な面談をおこない、日頃の様子や取り組み内容に対して客観的に感じたことをフィードバックしたり、利用者が通う病院や支援機関などと連携してご本人の状態に合ったサポートをします。職種や働き方を見つけられるように一人ひとりに合った職場探しを一緒におこないます。

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

摂食障害の方の就職・雇用事例

  • 20代
  • 学校
  • 事務職
摂食障害・うつ病(精神障害)

周りと同じように就活できない

周りと同じように就活できない

摂食障害・うつ病(精神障害)

受験のストレスで太ったことをクラスメイトに指摘されたことから摂食障害を発症したNさん。何事も完璧でないと気が済まず体調や気分が優れない中、周りが就活をしている姿を……

  • 20代
  • 事務職
  • 金融
摂食障害(精神障害)・自閉症スペクトラム障害(発達障害)

できることを1つずつ増やす

できることを1つずつ増やす

摂食障害(精神障害)・自閉症スペクトラム障害(発達障害)

高校生の頃にはじめたダイエットにのめり込み、危険と気付いた頃には摂食障害と診断されたAさん。さらに入院中に自閉症スペクトラム障害との診断。将来のため自立して働く……

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ