Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close
障害のある方の就職事例

うつ病の方の就職・復職・転職活動のポイントと事例

 

うつ病のある方の働く上でのよくある困りごと、就職・復職・転職活動のポイントやLITALICOワークスを利用して就職された方の就職事例をご紹介します。

 

・うつ病の診断がでたときのこと
・障害で苦労していたこと
・以前の仕事・職場のこと
・LITALICOワークスで学べたこと
・企業実習(インターン)や就職活動のこと
・就職後も長く働くための工夫・・・など

 

障害・年代・業種ごとの様々な就職事例をご覧ください。

 

うつ病の方の就職事例を確認する

うつ病とは

気分障害の一種とされ、精神的ストレスや身体的ストレスなどが重なり、強いうつ状態が長く続く状態のことを言います。

また、憂うつな気分や意欲の低下などの精神的な症状だけでなく、睡眠障害、食欲不振、めまいなど、身体的な症状が表れることがあります。

就職・転職での困りごとは?

うつ病の方の中には、就労中に発症したため再び働くことに不安や恐怖を抱く方もいます。

焦って職場復帰を試みても、復帰過程でよくなりかけていた症状が再び悪化し、就労が困難となったりするケースが多くあるため、時間をかけて障害特性を理解し、ご自身のペースに合わせた就職活動をおこなうことが大切です。

就職・転職活動を進めるために

うつ病は再発率が60%と言われており、再発を繰り返すとさらに再発率が高くなると言われております。

再発を防ぐためにも、職場復帰を焦らないこと。また、療養期間を安心して過ごせるよう、ご家族の協力を得てご家庭の環境を整えることも、円滑な職場復帰を支援するうえで大切です。

 

ご本人が「もう働ける」と思っても、カウンセラーや精神科医などの専門家などに相談しながら就職・転職活動をおこなうことをおすすめします。

LITALICOワークスでできること

LITALICOワークスでは、働くことに不安がある方に向けて、生活リズムを整えながら自分を知ることや、仕事をしていく上で必要なことを学んでいきます。

また、LITALICOワークスは全国に4,500ヶ所以上のインターン先企業があるので、職場での実習を経て仕事に少しずつ慣れていくことからはじめることも可能です。企業での実習業務には事務系や軽作業など多種あります。

 

就職後も職場定着支援をおこなっていますので、体調の変化など企業へ伝えにくいことも一緒に説明しサポートしています。

 

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

うつ病の方の就職・雇用事例

  • 60代
  • 福祉サービス
うつ病(精神障害)

久しぶりの就職に、年甲斐もなくルンルンです。

久しぶりの就職に、年甲斐もなくルンルンです。

うつ病(精神障害)

LITALICOワークス府中を利用し、就職を決めたS.Yさん。いつも場を明るくしてくれました。現在は、福祉サービス関係に勤めています。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ