Close

Close

就職事例ストーリー

内部障害者の就職・雇用事例

内部障害のある方の就労支援を利用する前のこと、利用をはじめてから気づいたこと、採用後の職場のことなどの事例をご紹介します。

内部障害とは

身体内部の臓器機能に障害があることをいいます。
外見上からは障害が分かりにくく、日常生活の中で誤解を受けることもあるため、服薬の時間帯や通院などを伝えることが継続的な就労を実現する際に大切となります。
LITALICOワークスでは就職後も職場定着支援していますので、体調の変化などに企業へ伝えにくいことも一緒に説明することができます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 女性
  • 50代
  • 保険
内部障害(身体障害)

身体的に負担の少ない事務職

明るくにこやかで、ムードメーカー。ZさんはLITALICOワークスで「みんなのお母さん」的な存在として親しまれていました。しかし、LITALICOワークスを利用する前は、なかなか仕事が見つからない状況でした。「自分ももっと働きたい。誰かのために仕事をしたい」そんな思いから身体的に負担の少ない事務職を目指していたところ、たまたま新聞の広告でLITALICOワークスのことを知り、パソコンのスキルと体力の向上、さらには自分にあった職業を探すために利用を始めました。

  • 女性
  • 50代
  • 保険
内部障害(身体障害)

自分にできる仕事を再発見しました!

保育士を15年間続けてきたEさん。忙しいながらも充実した日々を送っていました。しかしある日、心臓の病を発病。長期間の治療を必要とし、保育士の仕事を辞めざるを得なくなりました。治療前は仕事に対して楽観的に構えていたEさんでしたが、次第に不安のほうが大きくなりました。「ちゃんと働けるのだろうか」「職場を探す体力もない」と不安を持ちながら就職活動をスタート。そんな時、知人の紹介でLITALICOワークスを知り、相談してみようと訪れました。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みは
こちらから。

0120-956-713 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ