Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close
障害のある方の就職事例

不安障害の方の就職・復職・転職活動のポイントと事例

 

不安障害のある方の働く上でのよくある困りごと、就職・復職・転職活動のポイントやLITALICOワークスを利用して就職された方の就職事例をご紹介します。

 

・不安障害の診断がでたときのこと
・障害で苦労していたこと
・以前の仕事・職場のこと
・LITALICOワークスで学べたこと
・企業実習(インターン)や就職活動のこと
・就職後も長く働くための工夫・・・など

 

障害・年代・業種ごとの様々な就職事例をご覧ください。

 

不安障害の方の就職事例を確認する

不安障害とは

不安を主症状とする精神疾患の総称です。代表的なものに、パニック障害や社会不安障害、強迫性障害などがあります。

はっきりした理由の有無に関わらず、強い不安を感じたり、その状態がしばらく続くことが特徴です。また症状が進むと、頭痛やめまいなど、身体的な症状があらわれることもあります。

就職・転職での困りごとは?

不安障害のある方は、採用面接のときに強い不安や緊張を感じたり、身体症状があらわれたりすることが多いと言われています。

また、不安や恐怖を感じて電車やバスなどに乗ることができず会社に行けなくなったり、自分の発言に不安を覚え過度に緊張してしまい、うまく話せなかったりすることもあります。

どういう場面で不安や緊張、恐怖を感じるかを前もって予測できるケースも少なくないため、処方された薬の服用や精神療法を受けながら苦手な状況を克服するという「小さな成功体験」を重ねていくことが大切になります。

就職・転職活動を進めるために

不安障害のある方にとっては「生活習慣の改善」が症状を表れにくくすることに役立つとも言われているため、日々の生活の中で十分な睡眠や定期的な運動などを取り入れることが大事になってきます。

また、いざ働こうと思っても「働いている時に症状が出てしまうのではないか?」と考えて、不安が増してしまうことがあるかもしれませんが、一人で抱え込まずに、病院での治療や、会社に相談して配慮してもらう、就労移行支援事業所などの福祉制度といった社会資源を活用すると良いでしょう。

LITALICOワークスでできること

LITALICOワークスでは、働くことに不安がある方に向けて、生活リズムを整えながら改善内容を記録したり、面談したりして自分を知ることや、自身に合った体調管理やストレスコントロールなどセルフマネージメントする力を身につける方法を学んでいきます。

また、就職後も職場定着支援をおこなっていますので、体調の変化など企業へ伝えにくいことも一緒に説明しサポートしています。

 

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

不安障害の方の就職・雇用事例

  • 30代
  • 調理
不安障害(精神障害)

社会人として責任感をもって行動したい

社会人として責任感をもって行動したい

不安障害(精神障害)

LITALICOワークス北九州を3ヶ月利用し就職したO.Mさん。2012年2月から調理師の仕事をしています。

  • 30代
  • 教育
  • 事務職
不安障害(精神障害))

環境の変化に強くなった、目標は正社員

環境の変化に強くなった、目標は正社員

不安障害(精神障害))

LITALICOワークス松戸を10ヶ月利用し就職したN.Tさん。2011年10月から事務の仕事をしています。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ