Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

非通知は繋がりません。電話する際は最初に186をつけておかけください。

Close
就職事例ストーリー

身体障害者の就職・雇用事例

身体障害がある方の就職・雇用事例をご紹介します。就労移行支援を利用する前のこと、利用をはじめてから企業インターンでの経験や就職までのこと、雇用後も長く働くためにしている工夫など。年代・障害にあわせたさまざまなケースをご覧ください。

身体障害とは

先天的または病気やケガなどにより、身体機能に何らかの障害が生じていること指します。身体障害者福祉法により障害の範囲が規程され、主に視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、内部障害の分類があります。
障害の特徴が分かりやすいことから周囲もフォローはしやすいものの、過度な気配りへの悩みを持ったり、自分が本当にしてほしいことを言いだせなかったりする方もいます。LITALICOワークスでは「障害説明」をプログラム化し、自身に何ができて、何を苦手としているのか、またどのような介助や環境ならば就労に問題ないかを相手に伝える方法などを学びます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 男性
  • 60代
  • 保険
股関節機能障害(身体障害)

前職での経験をいかし、60歳の再就職!

股関節機能障害のある60歳になったばかりのWさん。営業以外の仕事をしたことがなく、パソコンは若者に任せていたため、タイピングは人差し指1本で、キーを叩くのが精一杯で…

  • 男性
  • 営業補助
左上下肢機能障害(身体障害)

前職の経験をいかす、自分に合った就職

家電メーカーや卸売業の営業職を経て、家電の修理代行会社の営業職として働いていたとき、脳出血で倒れて左上下肢機能障害となりました。退院後リハビリに通い、少しずつ回復してきたとき・・・

  • 女性
  • 事務職

同じようにがんばる仲間を励みに、希望の仕事へ

就労移行支援事業所LITALICOワークス所沢を5ヶ月利用して就職したF.Kさん。2011年11月から事務の仕事をしています。

まずはお気軽にご相談ください。

※ご家族のみでの相談も可能です。

電話で相談したい方

ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。
電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

お電話はこちらから

会って相談したい方

じっくり相談したい方におすすめです。
近隣の会場をご案内いたします!

「会って相談」を予約する

資料請求はこちらから

※ご家族のみでの相談も可能です。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ