Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close
障害のある方の就職事例

身体障害の方の就職・復職・転職活動のポイントと事例

 

身体障害のある方の働く上でのよくある困りごと、就職・復職・転職活動のポイントやLITALICOワークスを利用して就職された方の就職事例をご紹介します。

 

・障害で苦労していたこと
・以前の仕事・職場のこと
・LITALICOワークスで学べたこと
・企業実習(インターン)や就職活動のこと
・就職後も長く働くための工夫・・・など

 

障害・年代・業種ごとの様々な就職事例をご覧ください。

 

身体障害の方の就職事例を確認する

身体障害とは

先天的または病気やケガなどにより、身体機能に何らかの障害が生じていること指します。身体障害者福祉法により障害の範囲が規程され、主に視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、内部障害の分類があります。

就職・転職での困りごとは?

身体障害のある方は、障害の特徴が分かりやすいことから周囲もフォローはしやすいものの、過度な気配りへの悩みを持ったり、自分が本当にしてほしいことを言いだせなかったりする方もいます。

しかし、大事なことは就職した後でも「このような配慮があれば自分は力を発揮できる」という方法を企業側に伝えることです。企業側も、障害による困りごとや、仕事のパフォーマンスを保つための配慮に関心を持っています。

ご自身の障害説明と希望する配慮を、明確に周囲に伝えることがとても大切になります。

就職・転職活動を進めるために

障害のある方が障害のない方と平等に人権を享受し行使できるよう、一人ひとりの特徴や場面に応じて発生する障害・困難さを取り除くための、個別の調整や変更のことを合理的配慮と言います。

合理的配慮の具体例として、例えば「肢体不自由のある方には、机の配置や打ち合わせ場所を工夫してもらい、職場内での移動を少なくしてもらう」「聴覚・言語障害のある方には、業務連絡の際に筆談やメールなどを使用する」などがあります。配慮に取り組む企業側にも人的・技術的・金銭的資源の限界があるため、過度な負担でない実現可能な配慮を検討していく必要があります。

 

合理的配慮を求める際には、自分の症状や特性を把握しておくとスムーズな相互理解が得られるでしょう。

LITALICOワークスでできること

LITALICOワークスの人気プログラムの1つ「障害説明プログラム」では、ご自身でできる工夫を見つけたり、働きやすい環境や希望する配慮やサポート内容をまとめたりして、それを相手に伝える方法を身につけます。

働き出した後に、急に環境が変わることもあります。その際はLTIALICOワークスのスタッフが介入し職場環境の改善に働きかけることもあります。

 

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

身体障害の方の就職・雇用事例

  • 30代
  • アパレル
  • データ入力
肢体不自由(身体障害)

介護と両立しやすい仕事

介護と両立しやすい仕事

肢体不自由(身体障害)

全国障害者技能競技大会「アビリンピック」のCAD部門で優秀な成績をおさめたことがあるOさん。当初はそのスキルをいかせる建設業で働きたいと考えていました。しかし・・・

  • 20代
  • 事務職
  • 小売業
肢体不自由(身体障害)

働きやすい環境と仕事量に配慮

働きやすい環境と仕事量に配慮

肢体不自由(身体障害)

いつも元気にあいさつをしてくれるJさん。明るく元気で、はつらつとしていますが、実は内面に強いストレスを抱えていました。20代になり、一人で始めた就職活動は・・・

  • 50代
  • 事務職
  • 保険
内部障害(身体障害)

身体的に負担の少ない事務職

身体的に負担の少ない事務職

内部障害(身体障害)

Zさんは、みんなのお母さん的な存在として親しまれていました。しかし、なかなか仕事が見つからない状況で「もっと働きたい。誰かのために仕事をしたい」そんな思いから・・・

  • 50代
  • 保険
  • 事務補助
内部障害(身体障害)

自分にできる仕事を再発見しました!

自分にできる仕事を再発見しました!

内部障害(身体障害)

保育士を15年間続けてきたEさん。ある日、心臓の病を発病。長期間の治療を必要とし仕事を辞めざるを得なくなりました。治療前は仕事に対して楽観的に構えていたEさんでしたが・・・

  • 60代
  • 保険
  • 事務補助
股関節機能障害(身体障害)

前職での経験をいかし、60歳の再就職!

前職での経験をいかし、60歳の再就職!

股関節機能障害(身体障害)

股関節機能障害のある60歳になったばかりのWさん。営業以外の仕事をしたことがなく、パソコンは若者に任せていたため、タイピングは人差し指1本で、キーを叩くのが精一杯で…

  • 50代
  • 営業補助
  • メーカー
左上下肢機能障害(身体障害)

前職の経験をいかす、自分に合った就職

前職の経験をいかす、自分に合った就職

左上下肢機能障害(身体障害)

家電メーカーや卸売業の営業職を経て、家電の修理代行会社の営業職として働いていたとき、脳出血で倒れて左上下肢機能障害となりました。退院後リハビリに通い、少しずつ回復してきたとき・・・

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ