Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close
障害のある方の就職事例

統合失調症の方の就職・復職・転職活動のポイントと事例

 

統合失調症のある方の働く上でのよくある困りごと、就職・復職・転職活動のポイントやLITALICOワークスを利用して就職された方の就職事例をご紹介します。

 

・統合失調症の診断がでたときのこと
・障害で苦労していたこと
・以前の仕事・職場のこと
・LITALICOワークスで学べたこと
・企業実習(インターン)や就職活動のこと
・就職後も長く働くための工夫・・・など

 

障害・年代・業種ごとの様々な就職事例をご覧ください。

 

統合失調症の方の就職事例を確認する

統合失調症とは

何らかの原因から、思考などを統合する能力が長期間に渡って低下する精神疾患の1つです。

思考や行動、感情などを1つの目的に沿ってまとめる能力である、脳の「統合機能」が一時的に低下したために、幻覚や妄想、まとまりのない行動などの症状が表れる精神疾患です。

就職・転職での困りごとは?

統合失調症は再発しやすい病気と言われており、回復期になっても疲れやすさの症状や記憶力・判断力などの機能低下の症状が残るケースも珍しくありません。

そのため、頑張っても上司から仕事にやる気が無いと勘違いをされてしまったり、周囲が気になって仕事に集中できなかったりということが困りごととして挙げられます。

 

統合失調症のある方が安心して働くためには、無理のない時間で働ける職場や体調に合わせた仕事を探すことや、周囲の適切なサポートを得ることなどが大切になります。

就職・転職活動を進めるために

疲れやすいことで悩んでいる方には、いかにストレスをためないようにできるか、工夫が必要になります。

例えば、自分に合った方法で、その日のストレスはその日のうちに解消することや、十分な睡眠と食事をとることもストレスをためない生活の第一歩と言えます。

一方で、体力に合わせた勤務時間や自分の状況に応じて仕事の負荷を調整しやすい職場探しも大切になってきます。

LITALICOワークスでできること

LITALICOワークスでは、生活リズムを整えながら、仕事をしていく上で必要なことを学んでいきます。

また、ストレスコントロールやリフレーミング(物事の見方を変えてみる手法)など、心身を落ち着かせる方法を学び、ご自身に合った対処法を一緒に見つけていきます。

 

企業での実習を経験しながら、自分に合う職種や働き方を見つけられるように、その方の状況や目標、スキルに合わせて取り組むカリキュラムを多数ご用意しています。

 

 

※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

統合失調症の方の就職・雇用事例

  • 30代
  • IT関連
  • 事務職
統合失調症(精神障害)

対人関係への苦手意識を克服

対人関係への苦手意識を克服

統合失調症(精神障害)

Aさんは笑顔が印象的な女性。事務職の経験がありパソコンスキルも豊富です。しかし、人との距離感をつかむことが苦手で、例えば好きな人にはどんどん近づいていき・・・

  • 40代
  • 飲食店
統合失調症(精神障害)

「働くとは?」深く考える機会を持てた

「働くとは?」深く考える機会を持てた

統合失調症(精神障害)

LITALICOワークス千葉を1年3ヶ月利用し就職したK.Sさん。2012年5月から飲食店の仕事をしています。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ