Close

Close

就職事例ストーリー

vol.01 そのひとりのストーリー

じっくりと心から楽しめる生活を M.Sさん 精神障害(気分障害・うつ) LITALICOワークス利用期間11ヶ月 ANA大阪空港株式会社

「ここで働きたい」波長が合った場所

飛行機の保安要員として働いています。お客さまと飛行機の保安・安全を守る為に、飛行機の出発、到着時に不審者もしくは不審車両などが近づかないかを監視することが主な仕事です。

これまで何社か面接を受けました。面接中に舞い上がってしまってたくさん話しすぎてしまったり、逆にネガティブになって自己アピールできなかったりして、うまくいかないこともありました。気持ちが両極端になって本心が伝わらないもどかしさに悩んだこともあります。

今の会社を受けたときは「波長が合った」と感じました。もともとの乗り物好きもあってか、何より「ここで働きたい」という強い気持ちがありました。素の自分が出せたのも、これまでの経験で緊張することが減り、落ち着いて面接に臨むことができたからかもしれません。
監視の仕事をしているなかで、朝日や夕日に輝く機体や、定刻で離着陸する景色を見るのが好きです。晴れの日も雨の日も、憧れの飛行機の近くで安全を見守る仕事ができて本当によかったと思っています。

工夫を凝らし楽しく働く毎日に

就労してから、業務上の相談を誰にしたらいいのかということにも悩みました。上司に言うべきか、ケースワーカーに言うべきか。そんなときは、LITALICOワークスのスタッフに相談しました。これは会社へ、これは病院へ相談するのがいいと、第三者的な目線で相談を聞いてもらえたのがよかったです。今でも困ったときは相談できる場所があるということが、心の支えになっています。

生活面も大きく変わりました。私の場合、その日の体調によって早く起床できたり、全くやる気が起きなかったりと気持ちにムラがでるため、体調管理には特に気をつけています。朝方の仕事なので、早めに起きてその日の用意をし、余裕をもって行動できるよう自己管理もしています。最近は気分転換もかねて、帰り道のルートを時々変えてみたりもしています。

通勤時、周りの会話や音からの不安の緩和に役立っているプレイヤー。ここにも、ストレスコントロールのプログラムがいきている。

まずは焦らずにじっくりと探る

収入がないときは、好きな映画を見ても、友人と会っていても心の隅に引っかかるものがありました。遊んでいてはいけないのでは、という不安があったんです。自分の収入で安定して好きなことができるというのは、余計なことを気にせず心から人生を楽しめるのだと思いました。

就労移行には2年という利用期限があります。まずは焦らずに、期間中だからできる企業インターンなどを積極的に活用することをおすすめします。その仕事が向いているかどうかは、具体的に試してみてじっくり探ることで気づくものだと思います。

企業さまからのコメント

(左)グランドサービス部グランドサービス4課 課長 日尾 裕二様(右)人事部人事課 マネジャー 古谷 圭司様
「得意」を存分にいかしてくれています

ご本人からパソコンが得意と聞いていたので、現場職だけではなくデスクワークもお任せしました。彼のいる部署はパソコンに不慣れな高齢の方もいて、そのサポート役には最適でした。保安要員を取りまとめるアサイン表などのデータ作成や、各ポジションの保安業務や特記事項を明記する日報の作成も任せています。最初は慣れない職場で臆することもあったかと思いますが、お互いの性格が分かると次第に打ち解けたように思います。業務に慣れたのか、今ではご本人の体調も安定してきたと感じています。

インタビュー:2016年6月14日

そのひとりのストーリー

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ