Close

Close

サービス紹介

支援プログラム例

体調を崩し退職したSさん。入退院を繰り返した後、症状が安定。主治医に働きたいと相談し、就労移行支援事業所を利用することになりました。朝の交通機関の利用が体力的に厳しかったため、最初は週1~2日で短時間から通いはじめることにしました。

就職準備

2ヶ月間利用
週1〜2日

プログラム例
  • 現状の自分を知ろう
  • なりたいイメージを描きだそう
  • 勤怠の重要性
  • 身だしなみ・あいさつ
  • コミュニケーションⅠ

目的

生活リズムを整えることを目的に、朝の交通機関に慣れるまで週1~2日で短時間からのスタート。最初は体調不良で欠席が多かったが徐々に慣れていきます。

LITALICOワークス

おすすめのプログラム

  • 勤怠の重要性
  • コミュニケーションⅠ

企業
インターン

3ヶ月間利用
週4日

プログラム例
  • 自分の障害を考える
  • 自分のできることを整理しよう
  • 障害の詳細をまとめる
  • 履歴書を作成する
  • 職務経歴書を作成する
  • コミュニケーションⅡ

気づき

都心にある大企業への就職の憧れから、企業インターンの経験を経て「場所(どこで働くか)」と「人(誰と働くか)」が大切だと気付きました。

ご本人

おすすめのプログラム

  • 企業インターン

就職活動

1ヶ月間利用
週4日

プログラム例
  • 将来をイメージする
  • 職場での人間関係の心得
  • 働く目的を明確にする
  • 定着支援の活用方法
  • 働き続けるために大事なことを知る

目的

採用後の不安を減らすため、雇用前実習を積極的におこないます。Sさんと企業の双方にとって事前に心配事を相談できたことで、双方が前向きに雇用契約を結ぶことができました。

LITALICOワークス

おすすめのプログラム

  • 雇用前実習

職場定着

隔週で通院を続けながら、働き続けてるSさん。現在も月に1回、スタッフと定期的に面談を行い、Sさんや職場担当者のヒアリングを継続しています。
その中でSさんは「こんなにいい条件で働ける機会はもう二度とない」と話します。Sさんは新しい仕事に取り組む時には不安もあるとのことですが、取り組み方のステップを細分化して進めることが自らできるようになりました。また、仕事以外でも、茶話会、同窓会に積極的に参加し、企画から携わっています。Sさんの好きな趣味や関心ごとをもつコミニティにも参加し、いろんな幅をひろげています。その活動がやりがいであり楽しみになっているようです。

Sさんのストーリーをもっと読む

LITALICOワークス オリジナルテキスト

一人ひとりにお渡しするので、時間がたってからでも簡単に見返すことができます。就職してからもご自宅で復習できるので安心です。

※下部のボタンをクリックすると、各プログラムテキストのサンプルをダウンロードいただけます。

一人ひとりに合わせてプログラムを実施しています

支援プログラム例

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みは
こちらから。

0120-956-713 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ