Close

Close

就職事例ストーリー

双極性障害(躁うつ病)の方の就職・雇用事例

双極性障害(躁うつ病)の方の就職事例をご紹介します。就労支援を利用する前のことや1人で抱えこんでいた悩みのこと、プログラムをはじめて分かった自分にあう場所や人のこと、就職した後も長く働いていくために大切な勤怠や人間関係、仕事のことなど。年代・障害にあわせたさまざまなケースをご欄ください。

双極性障害(躁うつ病)とは

気分障害の一種とされ、激しい「躁状態(気分の高まり)」と「うつ状態(気持ちの低下)」を繰り返す双極Ⅰ型と、「軽い躁状態」(軽躁状態)と「うつ状態」を繰り返す双極Ⅱ型があります。
躁状態の時は現実離れした行動をとりがちで、周囲との関係を気まずくしてしまうこともある一方、うつ状態の時は、憂鬱な気分に加え、躁状態のときの自分への自己嫌悪も加わり、さらに気分が落ち込んでしまうことも双極性障害(躁うつ病)の特徴です。
LITALICOワークスでは利用者が通うクリニックなどの関係機関と連携し、ご本人の状態に合った就労支援をおこなっていますので、通院しながら利用されている方も多くいます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 女性
  • 30代
  • コールセンター
統合失調症(精神障害)

安定して働くことができる仕事環境を整備

統合失調症のあるCさんは、体調に波があり、躁(そう)状態と鬱(うつ)状態を繰り返すため、勤怠が不安定で長く働き続けることが出来ませんでした。しかし、LITALICOワークスの利用を開始した当初、本人は体調の波があることの自覚がありませんでした。過去も体調の波によって仕事を退職された経験があるため、安定して働くための第一歩として、まずは躁状態に自分で気づくことを目標に定めました。Cさんは責任感が強く、カリキュラムに向き合うと「きちんとやらなければ」という気持ちからスイッチが入ってしまい、落ち着きがなくなってしまう躁状態になることが何度も見られました。

  • 男性
双極性障害(精神障害)

自己理解が自身の管理にも役立っています

双極性障害のため、保育士に何度も復職しましたが、どんどんダメになっていきました。母の「親より先に死ぬのは親不孝だ!」という願いのために「生きなければ」と奮起。再就職に向けて体調管理や資格取得のために図書館で勉強していました。前職の雇用期間が切れたのを機に、就労支援サービスを探していたところ、障害者就労支援団体から、LITALICOワークスを紹介されました。

  • 男性
  • 30代
  • 商社
アスペルガー症候群(発達障害)統合失調症、パニック障害、躁うつ病(双極性障害)

自分自身を見つめ、探し続けた「場所」と「人」

東京生まれ東京育ちのSさんは、幼少期にアスペルガー症候群(発達障害)と診断されました。Sさんは人とのコミュニケーションを苦手にしており、高校生のころに二次障害として統合失調症やパニック障害、躁うつ病(双極性障害)を発症しました。Sさんは就職するにあたり、自身の障害は開示せず、高収入かつ正規雇用を希望。しかし主治医からは就労不可を言い渡され、まずは就労支援を受けつつ、生活リズムを整えることからはじめるように言われました。

  • 男性
  • 40代
  • 運輸
双極性障害(躁うつ病)(精神障害)

「自分に正直に生きる」就職先の障害理解

Yさんは休職をしリハビリ後に復帰しましたが、周囲に障害のことを伏せていたこともあって周りの目を必要以上に感じてしまい、結局退職することとなりました。このことから、「次の仕事は障害を開示して就職する」と決意したYさん。しかし障害を開示して就職するためには、自分自身がもっと障害について正しく知ること、そしてこの障害に対して理解のある雇用先を探したり橋渡しをしたりしてくれる第三者的な就労支援が必要だと考え、LITALICOワークスの利用を決めました。

  • 女性
  • 20代
  • 販売業
双極性障害(精神障害)

障害と向き合いながら、自立に向けた就労へ

Oさんの希望を尊重し「自分らしい働き方」を一緒に模索していくことで、就職活動に意欲的に取り組むようになりました。また就職後の生活が具体的にイメージできるよう、実際の企業での実習体験にも少しずつ参加するようになりました。実習後、家の近所の衣料品販売店の求人に応募。採用面接にはスタッフも同行し、本人と会社側の希望を調整し、双方が歩みよって雇用が成立。晴れて希望の職場で働けるようになりました。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ