Close

Close

就職活動対策

面接対策

基本的な面接対策についてご紹介します。
面接のときの身だしなみや流れ、マナー、最低限押さえておきたい想定質問などをご紹介します。

面接時、これだけは気をつけよう!

  • 面接会場には10分前に到着しましょう。

    面接では1分でも遅刻は厳禁。余裕をもって面接会場には10分前に到着するようにしましょう。但し、早すぎても良くありませんので、15分前~10分前程度に着くように心掛けましょう。受付に着いたら、担当の方に「本日●時に面接のお約束をしております●●と申します」と礼儀正しく名乗りましょう。

  • 控え室(待合室)でもきっちりと!

    面接にいくと控え室や受付で待つことが多いですが、待つ時間も態度には気をつけましょう。
    例えば、携帯電話を触ったり(携帯電話の電源は切る)、話をしたり、ゲームをしたり、雑誌・本を読んだり、横柄な座り方にならないように注意しましょう。

面接の身だしなみ対策

面接時の身だしなみは重要です。最低限スーツを着て行きましょう。身だしなみをきちんと整えて好印象を持って貰えるように気をつけましょう。

女性

  • 1髪型

    まとめてすっきりした印象で。
    フケや寝癖は直す。

  • 2

    健康的なメイクを。
    派手なメイクになりすぎ注意。

  • 3手元

    爪は長すぎない・派手にならないように。
    マニキュアを塗る場合はきちんと。

  • 4服装

    紺やダーク系のスーツ。
    スカート丈は膝中心が隠れる程度。
    派手なアクセサリーは控える。

  • 5足元

    ストッキングは自然な肌色。
    ピンヒールやミュールはNG。

男性

  • 1髪型

    まとめてすっきりした印象で。
    フケや寝癖は直す。

  • 2

    ヒゲはきれいに剃る。目ヤニや鼻毛に注意。

  • 3手元

    爪はきちんと切っておく。
    A4サイズの書類が入るビジネスバックで。

  • 4服装

    紺やダーク系のスーツ。
    大きすぎず小さすぎず。
    襟足などの汚れ、シワに注意。

  • 5足元

    靴下のダーク系で、靴は磨いておく。

面接の入退出マナー

面接時の身だしなみは重要です。最低限スーツを着て行きましょう。身だしなみをきちんと整えて好印象を持って貰えるように気をつけましょう。

1.名前を呼ばれたら

「はい」と返事をして立ちあがり、案内に従いましょう。

2.入室

ドアを2回ノックしましょう。
「どうぞ、お入りください」と返事があったら、
「失礼いたします」言って入室しましょう。
入室したら、後ろを振り向いてノブを丁寧に閉めましょう。

3.一礼する

面接官の方を向き、足を揃えて「よろしくお願いいたします」と一礼しましょう。
(「よろしくお願いいたします」は無くてもいいです)

4.椅子に向かい挨拶する

イスの左側に立ち、「●●●●(名前)です。よろしくお願いいたします」と言って一礼しましょう。
イスに座るのは「どうぞ」と言われてから。
浅めに座り背筋を伸ばしましょう。

5.面接中

面接官の顔を適度に見て話しましょう。
ジッと見続けると失礼になるので、適度に目線を外すことも大切です。
面接官が複数いる場合は、1人だけでなく複数の面接管に気を配りましょう。
また、頭をかいたり、貧乏ゆすり、手いじりなどのクセは止めましょう。
声は部屋全体に通る程度の大きさで話しましょう。
(大きすぎても小さすぎてもよくありません)

6.退出

「はい」と返事をして立ちあがり、案内に従いましょう。

面接の準備しておきたい質問

必ず聞かれる定番的な質問「志望動機」、「退職理由」、「今までの職務経歴」、「自己PR」は面接前に準備しておきましょう。回答のポイントは自分なりの言葉で話しすること。

  • 志望動機

    何故その企業に応募したのか?応募した企業だからこそ入社したい理由を具体的に話しましょう。また、単にやりたいことを伝えるだけでなく、応募した企業にとってメリットになる内容があれば盛り込んで話をしましょう。

  • 退職理由

    退職の理由は、障害に関することでも正直に話しましょう。また、業務上の理由や人間関係で「●●●●が嫌だから」などのネガティブな表現は避けた方がいいです。望ましいのは「●●●がしたいから」という志望動機に繋がる内容です。

  • 今までの職務経歴

    だらだらと今までの経歴を話すのではなく、応募した職種で、今までの経験をいかせる内容を強調しながら話しましょう。未経験の場合は、どんな業務でも共通するコミュニケーション能力、正確さ、責任感など、自分の強調できるエピソードを話しましょう。

  • 自己PR

    これまでに働いた経験がある場合は、職務経験で実例をあげながら、応募した企業でいかせるアピール内容を考えましょう。働いた経験がない場合は、学生時代の経験や私生活での経験で応募した企業でいかせる内容をアピールするように考えましょう。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みは
こちらから。

0120-956-713 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ