Close

Close

就職活動対策

オープン・クローズで就労するメリットとデメリット

障害のあることをオープンで就労する場合とクローズで就職する場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

オープンで就労する場合

デメリット
  • 自分だけで就職活動を行った場合、求人の選択幅が狭くなる
メリット
  • 通院、服薬のタイミングを考慮してもらうことができる
  • 勤務形態、業務内容を企業に相談し、配慮してもらうことができる
  • 支援機関がついていれば、本人と企業との間で調整してもらうことができる
  • 業務上のことでも相談がしやすい環境になる

→ 職場へ定着する可能性が高くなります

企業からの目線

  • その方の障害特性を把握し、勤務形態や業務内容を配慮することができる
  • 障害者雇用率がアップする

結果、職場へ定着する可能性が
高くなり、戦力化が期待できます。

クローズで就労する場合

メリット
  • 自分だけで就職活動を行った場合、求人の選択幅が広がる
デメリット
  • 通院、服薬のタイミングが難しくなる
  • 勤務形態、業務内容で配慮を得られない
  • 障害があることを隠して入社したことが発覚するのではという不安を抱える

→ 職場へ定着する可能性が低くなります

企業からの目線

  • 配慮する点を把握していないため、突発的な体調不良に対応できない
  • 他の人と同じように仕事を任せても同じような結果を望めない可能性がある

結果、職場へ定着する可能性が
低くなり、戦力化が期待できない
可能性があります。

スタッフからのアドバイス

オープンで就労する場合は、通常、仕事は長く続けられることが多いですが、見つけにくいといわれています。しかし、LITALICOワークスでは専門スタッフを配置し、企業開拓を行っていること、また、就職活動を進める場合も通っている実績をアピールできるようサポートすることが可能です。

クローズで就労する場合は、就労後の表立った支援はできません。しかし、オープン・クローズ就労のメリットデメリットを踏まえ、ご自身が決断されたことは、意思を尊重し支援します。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ