Close
お役立ち仕事コラム

ICD-10とは?診断の分類や用途を解説

精神疾患や障害、なにかしらの病気について調べたときに「ICD-10」や「ICD-11」などの用語が目に留まり、気になった方も多いのではないでしょうか。

 

その中で「ICDってなに?」「ICDはどのようにして用いるの?」や「DSM-5との違いは?」といった疑問をお持ちの方へ向けて、今回はICD-10の概要や、これから適用されるICD-11について解説していきます。

 

また、「DSM-5」と異なる点や、ICDの原文を見る方法も合わせてご紹介します。

ICD-10とは

まず、ICDとはInternational Statistical Classification of Diseases and Related Health Problemsの略で、日本語では「国際疾病分類」と呼ばれることもあります。

 

ICDの目的は、病因や死因を分類して、統計データを体系的に記録し、分析することです。

 

ICDは、国際的に使用されており、作成しているのは世界保健機関(WHO)です。

 

2022年4月現在、日本で使われているICD-10は、1990年に適用されました。

 

その後、数年ごとに一部の改訂がおこなわれています。

 

また、約30年ぶりに全面的に改訂された「ICD-11」の適用に向けて、すでに国内でも準備が進められているところです。

ICD-11とは?

2019年5月に「ICD-11」が世界保健機関(WHO)により承認されました。

 

ICD-11には、最新の医学的知見が反映されており、新たに追加された病気もあります。

 

例えば、ゲームを止めたいと思っていても、自分の意志で止められない「ゲーム症/ゲーム障害」は、ICD-11から登場した名称です。

 

また、これまで、自身の性別に対して違和感を覚える症状は「性同一性障害」として「精神および行動の障害」に分類されていましたが、ICD-11では「性別不合」という名称で、精神疾患ではなく「性の健康に関連する状態」の分類に記載されることになりました。

 

上記以外にも、変更・追加された箇所は多数あり、分類項目数は約14,000(ICD-10)から約18,000にまで増えています。

ICD-11はいつから使用される?

ICD-11がいつから日本に導入されるのか、正式な発表はまだありません。

 

ICD-11がWHOにより公表されてから、今までの流れは下記の通りです。

 

  • 2018年6月:WHOがICD-11を公表
  • 2019年5月:WHOの総会によりICD-11が承認される
  • 2019年~:日本での適用に向けて準備を実施
  • 2022年1月:WHOが正式にICD-11を発行

 

適用に向けた準備とは、ICD-11の和訳や分類項目の確認のことです。

 

具体的には「ICD-11で新たに追加された病気の日本語名称を決める」といったことがあります。

 

他にもさまざまなことを、厚生労働省や学会で話し合いながら決めていきます。

 

そのため、導入までには時間がかかってしまうのです。

 

ICD-11に関する情報は、厚生労働省の公式サイトで確認できます。

 

参考:厚生労働省「国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が公表されました」

ICDとDSM|その違いは?

ICDについて検索すると、DSMという名称を目にすることがあるかもしれません。

 

DSMは「Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders」の略です。

日本語では「精神疾患の診断・統計マニュアル」と呼ばれており、その名の通り、DSMには精神疾患に関する診断名や診断基準が書かれています。

DSM-5とは?

現在、日本で使用されているのは第5版である「DSM-5」です。

 

DSM-5では、精神疾患が22のカテゴリーに分けて記載されており、そのカテゴリー内に各診断名が分類されています。

 

DSMとICDの精神疾患の分類は、共通しているところもみられますが、分類の仕方や分類名、診断名が異なるものもあります。

ICDとDSMの違い

ICDとDSMの大きな違いは、対象となる疾患です。

 

ICDは疾患全般が対象であるのに対して、DSMは精神疾患のみが対象です。

 

ICDとDSMの違いを表にまとめると下記の通りです。

 

ICDとDSMの違い

 

上記のように異なる点はあるものの、どちらも国際的に使用されている分類・基準です。

ICD-10の分類や内容は?

ICD-10には、各グループごとに分類された病名が記載されています。

 

この項目では「ICDコードとはどのようなものか」と「具体的な分類」をご紹介します。

ICDコードとは?

ICDコードとは、分類されている病名につけられているコードのことです。

 

同じ病気であっても、国によって言語が異なるため、名称はさまざまです。

 

例えば、日本語での「百日咳」は、英語では「Whooping cough」です。

 

他の国も含めると呼び方は複数ありますが、百日咳のICDコードは世界共通で「A37」なので、違う国のデータを参照したいときは、このコードをもとに調べられます。

 

ただし、ICDコードはずっと一定ではなく、ICDの改訂により変更する可能性があります。

ICD-10の分類

ICD-10は、下記のようにアルファベットAからUを使って大分類を設けています。

 

  • A00-B99:感染症および寄生虫症
  • C00-D48:新生物
  • D50-D89:血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害
  • E00-E90:内分泌、栄養および代謝疾患
  • F00-F99:精神および行動の障害
  • G00-G99:神経系の疾患
  • H00-H59:眼および付属器の疾患
  • H60-H95:耳および乳様突起の疾患
  • I00-I99:循環器系の疾患
  • J00-J99:呼吸器系の疾患
  • K00-K93:消化器系の疾患
  • L00-L99:皮膚および皮下組織の疾患
  • M00-M99:筋骨格系および結合組織の疾患
  • N00-N99:尿路性器系の疾患
  • O00-O99:妊娠、分娩および産じょく<褥>
  • P00-P96:周産期に発生した病態
  • Q00-Q99:先天奇形、変形および染色体異常
  • R00-R99:症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの
  • S00-T98:損傷、中毒およびその他の外因の影響
  • V00-Y98:傷病および死亡の外因
  • Z00-Z99:健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用
  • U00-U99:特殊目的用コード

 

発達障害の場合、ICD-10の「F00-F99:精神および行動の障害」に含まれます。

 

そして、各障害ごとに、大分類のなかでさらに細かく分類が分けられています。

 

例えば「自閉症」や「アスペルガー症候群」は、「F00-F99:精神および行動の障害」の「F80-F89 心理的発達の障害」、さらにそのなかの「F84 広汎性発達障害」にあります。

 

※自閉症やアスペルガー症候群は、ICD-10では上記の分類ですが、ICD-11からは分類方法が変更されています。

ICD-10の用途

ICD10はどのような用途で使われているのか、医療機関と国の機関に分けて解説します。

医療機関

医療機関では、ケガや病気を診断するときに使われています。

 

医師は問診の内容や検査結果とあわせて、ICDに記載されている情報を参考にします。

 

また、診療録などの書類に、ICDコードや診断名を書くこともあります。

 

ただし、ICDに記載されている名称は専門用語であるため、医師が口頭で伝えてくれる病名とは異なっているケースも見られます。

 

このように、ICDは医療機関での疾病分類として使用されてはいるものの、専門知識のない個人が参照して、自身の状態を判断することはできません。

 

気になる症状がある場合は、必ず専門の医療機関で診察を受けるようにしましょう。

国の機関

国はICDをもとにして、死亡統計や疾病統計などの調査をおこなっています。

 

例えば、人口や出生数、死亡数などの統計がとられている「人口動態調査」でも、死因の統計においてICDが使用されています。

 

参考:厚生労働省「人口動態調査」

 

そして、ICDの分類をもとにした統計結果は、世界保健機関(WHO)の基礎資料としても活用されており、国際的な研究に役立てられています。

 

また、日本では法律上で定義されている障害や疾病の範囲も、ICDの分類をもとに定められています。

ICD-10はどこで見れる?

ICD-10の原文は、世界保健機関(WHO)の公式サイトで見ることができます。

 

参考:ICD-10「Version:2016」

 

日本語版のICDの分類名は、標準病名マスター作業班によるWEBサイトで確認できます。

 

トップページにある「オンライン病名検索」の欄に、ICDコードを入力すると、日本語での病名を調べることが可能です。

 

参考:標準病名マスター作業班「病名君2.0」

ICD-10のまとめ

世界保健機関(WHO)が作成しているICD-10は、医療機関での診断時や国の統計調査で用いられています。

 

内容は定期的に改訂されており、日本国内においても、将来的にICD-10に代わりICD-11が適用される予定です。

 

また、ICD-10の原文は世界保健機関(WHO)の公式サイトで確認できますが、当然、医師ではない方が参照して病気を自己判断することはできません。

 

もしも、身体に関して気になることがある場合、必ず専門の医療機関を受診するようにしましょう。

障害のある方の就職をサポートする就労移行支援

就労移行支援は一般企業に就職を希望する方々へ、働くための様々なサポートを行う福祉サービスです。

 

LITALICOワークスは各地で就労移行支援事業所を運営しており、これまで1万人以上の方の就職をサポートしてきました。

障害のある方が自分らしく働くために、ストレスコントロール・PC訓練・企業インターン・面接練習など一人ひとりに合わせたサポートを提供しています。

 

「働くことに悩んでいる」「体調が不安定で働けるかわからない」「一人で就職活動がうまくいかない」などお悩みのある方は、まずは就職支援のプロに相談してみませんか?


【無料】LITALICOワークスがよくわかる資料をダウンロードする

参考文献・URL

  • 監修者

    鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授/LITALICO研究所 客員研究員

    井上 雅彦

    応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

関連ページ

まずはお気軽にご相談ください
障害や就職のこと、LITALICOワークスに相談してみませんか?
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。無料でご相談いただけます。
お電話でのご相談もお待ちしています。
受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ