Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close

お役立ち仕事コラム

大人のASD(自閉スペクトラム症)の特徴・特性とは?診断や治療、活用できる支援機関などご紹介

コミュニケーションや仕事の進め方などにおいて、思うようにうまくいかず、困っていませんか?
これはもしかしたら「発達障害」が原因かもしれません。

現在、大人になってから初めて「発達障害」と診断される方が増えています。

発達障害とは、大きく分けて主に3つあります。

  • ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害
  • LD(学習障害)
  • ADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害

この記事では、発達障害のうちの一つである「ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)」はそもそもどういった特徴・特性があるのか、どのような治療や対策があるのかを詳しく見ていきます。
※この記事内では「ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)」を「ASD」と表記します。

ASD(自閉症スペクトラム)ってどんな困りごとがある?どうすれば良い?

職場や生活において、以下のようなことで困ったことはありませんか?

  • 会話が続かないことが多く、コミュニケーションが難しい
  • 相手の気持ちを察するのは苦手
  • 空気を読むことが難しい
  • 思ったことをそのまま口に出してしまう
  • 急な予定変更があるとパニックになってしまう
  • あいまいな指示をされると困る
  • 先の見通しをたてるのは苦手
  • 職場で同じようなミスを繰り返してしまう
  • 自分のペースがあり、他者と合わせるのが苦痛である
  • 特定の匂い、音など特定の感覚に対して過敏性がある
  • 人間関係がいつもうまくいかない な

「上記のような困りごとが長く続いている」「改善しようと思ってもなぜかうまくいかない」「原因がよく分からないが、人間関係がうまくいかない」などがあれば、ASDの特性が関係しているかもしれません。

 

ASDは、大きく分けて「知的障害を伴う自閉症」と「知的障害を伴わない自閉症(アスペルガー症候群)」があります。

 

特に「知的障害を伴わない自閉症(アスペルガー症候群)」の場合、知的発達の遅れがないため、子どものころは学業成績や生活態度などにも問題がみられず、診断や支援を受けないまま過ごすことが多いといわれています。

 

しかし、大人になればなるほど、コミュニケーションが難しくなり、対人関係などの悩みが発生します。対人関係などがうまくいかない状況が続くと「どうして周りの人と同じようにできないのだろう」「自分は当たり前のことができていない」といったような違和感があり、生きづらく感じ、自尊心の低下につながることがあるといわれています。そのような不安な気持ちを持ち続けると、二次障害が発症することもあります。

 

大人になってから初めてASDという診断がおりたことで「自分が悪いのではなく、ASDという特性があるから生きづらさを感じていたのか」「ほかにも同じような人もいる」と知り、安堵する方もおられるようです。

 

「ASD」は、自分の得意・苦手などの特性を理解した上で、対処法やスキルなどを身につけ環境を整えることで、今ある困りごとや生きづらさを感じにくくなり、その人らしく生きていくことができる可能性があります。

 

もしかして、自分はASDかもしれないとお悩みが続いている場合、まずは自分の特性を理解することから始めていくと良いでしょう。

ASD(自閉症スペクトラム)ってどんな特徴・特性がある?原因や診断・治療方法とは?

ASDとは

ASDは大きく分けて2つあります。

  • 知的障害を伴う自閉症
  • 知的障害を伴わない自閉症(アスペルガー症候群)

ASDの主な特性としては、次の2つが挙げられます。

  • 対人関係における相互的反応の障害
    「相手の心情を表情や言葉のニュアンスから察することが苦手」「場の雰囲気を読むことが難しい」などが多いです。
  • 同一性へのこだわり
    「特定の対象に対して強い興味を示す」「反復的で機械的な動作が見られる」「こだわりが強く、状況に応じた柔軟な対応が難しい」などが多いです。

ほか、「感覚過敏」「運動が不器用」などの特性がみられることもあります。

このような特性が発達期からみられることで、日常生活において自分が困っている状況を「ASD」といいます。

ASDの考え方

ASDは英語で「Autism Spectrum Disorder」の頭文字をとって「ASD」とも呼ばれています。

 

【自閉症スペクトラム障害と自閉症スペクトラム】

「AS(=Autism Spectrum)」「D(=Disorder)」は日本語でそれぞれ「自閉症スペクトラム」「障害」と訳されます。

 

ここでいう「障害」とは、本人が生きていく中で生きづらさや支障がある状況のことです。

 

日常生活で支障がなく、生きづらさを感じない状況であれば、それは障害といえないことになり、「自閉症スペクトラム」という性質が残ります。

 

自分自身の特性について理解が不足したり、周りに理解してくれる人がいない環境だと生きづらさを感じやすくなり「障害」が大きくなってしまいます。しかし、対処法やスキルなど身につけることで「障害」を小さくすることもできます。

 

実際にASDの診断がありつつ、「障害」を小さくすることで活躍されている方も多くいます。

 

【「スペクトラム」とは】

「スペクトラム」とは、日本語では「連続体」、つまり「集合体」です。

 

元々は「自閉症」「アスペルガー症候群」など分けられていましたが、共通の特性が見られることから集合体として考えるようになっています。

 

自閉症スペクトラムの特性が強い方もいれば弱い方もいます。特性の中身もみんなそれぞれ違います。

 

その人それぞれの特性を理解した上で、支援・サポートしていくことが大切であるという考え方になっています。


【補足】2013年から「ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)」に統一

  • 【2012年まで】
    アメリカ精神医学会の『DSM-4』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第4版)によると、「自閉症」・「レット障害」・「小児期崩壊性障害」・「アスペルガー症候群」・「特定不能の広汎性発達障害」を分類し、まとめて「広汎性発達障害(PDD)」と呼ばれていました。
  • 【2013年以降】
    アメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)では、「レット障害」・「小児期崩壊性障害」は外され、残り3つをまとめて、「ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)」と総称しました。

ASDの原因

脳の機能の偏りが原因だといわれていますが、まだ解明されていない状況です。少なくとも親の育て方や本人の性格などに起因する障害ではないことは分かっています。

ASDの診断方法

アメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)を基準に診断をします。

 

ASDの原因がまだ明らかになっていないため、血液や画像などの数値だけで診断を確定する技術はまだ開発されていません。そのため、生育歴・病歴・家族・周りの環境などの情報を統合して、診断をしていきます。

 

基本的には面談や検査を中心におこなわれます。検査では、ASDに関する特性を詳しく質問する「ADI-R(自閉症診断面接)」や、検査者とのやりとりを観察して評定する「ADOS-2(自閉症診断観察検査 第2版)」などがあります。

 

診断を受ける際は、小さいころの様子が分かる母子手帳や保育ノート、通知表などがあれば持参すると良いでしょう。また日常生活や仕事などで困っていることを事前にメモしておくと面談がスムーズになります。

ASDの治療方法

ASDを完全に治療する方法は、今のところはないといわれています。自閉症スペクトラムの特性があることで日常生活や仕事で困りごとなどが発生している場合、自分にあった対処法や環境調整、スキルを身につけることで、困りごとなどを軽減させていきます。

 

また、興奮性や衝動性がある場合、ADHD(注意欠如・多動症/注意欠陥・多動性障害)やうつ病などと併存している場合、それらの症状を軽減するための薬を処方されることはあります。

ASDかも?と思った時、まずは特性を理解することから始めよう

困難は「特性」と「環境」の相互作用によって起きている

特性とは「そのものだけが持つ性質」のことです。人には生まれながらの性質があり、もともと運動能力が高い方もいれば、運動が苦手な方もいます。こういった性質を「特性」といいます。

 

特性は環境との兼ね合いで変化していきます。ここでいう「環境」とは、その人を取り巻く全ての環境(人や場所・モノ)のことをいいます。例えば、水泳やサッカーなどの複雑に身体を動かす環境では、それらの運動スキルが高い方にとっては成功体験が得られやすくますが、一方で運動が苦手な方にとってはつらい状況になってしまいます。

 

このように特性と環境の組み合わせによって、その人にとっての生きやすさが変わっていきます。

 

「ASD」も同じように、その人の特性に合わない環境では不適応が起きやすくなり、自分も周囲の人も困難を感じやすくなってしまいます。不適応が大きくなった結果、生きづらさを感じるようになってしまうかもしれません。

 

逆に、特性に合う環境に身をおくと不適応の部分が小さくなり、自己肯定感や生きやすさを感じられるようになります。AS(自閉症スペクトラム)に該当する特性を持ちつつも、診断を受けてはおらず、活躍されている方もいます。

 

そのため、自分の「特性」をしっかりと理解すること、その上で自分に合う環境とはどういったものなのかを見つけることが大切です。

自閉症スペクトラムの特性の「得意な部分」を活かす

ASDは「空気が読むことが難しい」「こだわりが強い」などといったような苦手がありますが、一方で「ルーティンが得意」「真面目」などといったような得意もあります。

 

誰にでも得意・苦手を持っています。そのため、自分の得意を活かせること・苦手をカバーできることを整理し、環境を整えていくことが大切です。

 

1人で整理することが難しければ、ASDをサポートする支援機関など活用しながら見つけていくという方法もあります。

 

ここで対人関係がうまくいかず、自己肯定感が低かったAさんの事例をご紹介します。

【事例】対人関係がうまくいかず、自己肯定感が低かった25歳のAさん

Aさんは、その場に合わせた表情や発言が苦手なことで人間関係がうまくいかないことが多く、自分に自信が持てませんでした。しかしAさんは「精神的に安定し、働き続けたい」という気持ちがありました。

 

そこで、障害のある方の就職・定着をサポートする通所型の福祉サービス「就労移行支援事業所」を利用することにしました。就労移行支援事業所では、自己分析プログラムや職場実習などへ参加することで、ご自身の特性について理解を深めていきました。

 

Aさんの特性をまとめると、次の通りです。

 

【得意なこと】
・PCスキルが高い

・自分の決めた目標に取り組むことができる

・ルーティンワークが得意である

 

【苦手なこと】
・コミュニケーションや雑談が苦手

・手先が不器用、手書きが苦手

・柔軟に対応することは難しい

 

Aさんの特性を活かした職場環境とはどういうところなのか、どういったサポートが必要なのか、就労支援スタッフとの面談などを通じて以下の通り整理をしていきました。

 

【職場での環境調整・サポート】

 Aさんの得意に特化した業務(事務職の業務切り出し)

・手書きやコミュニケーションが必要な業務を避ける

(例:電話対応をなくす など)

・ご本人の強みや得意を活かすPCでの入力業務やデータ書き起こしなどのルーティンワークを中心とした業務をピックアップする など

 

 コミュニケーションの工夫
・必要以上のコミュニケーションがとらなくてもいい環境

(例:休憩は一人で過ごす、飲み会への参加は任意にする など)

・突発的な仕事がある場合、事前に相談する時間をとる

・気になる点は日報にまとめ、提出する など

 

Aさんは、働く上で特に必要になるコミュニケーションスキルを身につけていきながら、PCスキルを高め、就職活動の準備をしていきました。就労支援スタッフは事前にAさんの特性や職場環境を企業側へ伝えた上、面談・入社前の職場実習を実施し、Aさんにとって働きやすい環境であるかどうかを確認していきました。その結果、Aさんも企業側も安心して働けることがわかり、そのまま入社しました。

 

現在は、Aさんの得意を発揮することで上司からの評価も上がり、後輩へのレクチャーなど、少しずつできることが増えました。また就労移行支援事業所の卒業生として「就職者講演会」のプログラムを提供し、少しずつ自分に自信を持てるようになりました。Aさんの自己肯定感があがったことで、精神的に安定して、充実した生活を送られています。

 

プライバシー保護のため、事実を変更・再構成しています。

ASDをサポートする場所を上手に活用しよう

もしかして、自分はASDかもしれないと思った時、利用できる支援機関など上手に活用して、今からできることを考えてみましょう。

 

まずは、現在の日常生活で困っていること・得意や苦手なことなど整理した上、お近くの病院や支援機関など活用するといいでしょう。ここでは、ASDをサポートする支援機関などの一部をご紹介します。

大人のASDを支援機関で相談してみる

もしかして自分はASDかもしれないと思ったら、まずはお近くの支援機関へ相談してみましょう。

 

【発達障害者支援センター】
発達障害がある方への支援を総合的に行っている専門機関で、各都道府県・指定都市に設定されています。日常生活・仕事などのさまざまな困りごとについて、相談することができます。

 

【障害者就業・生活支援センター】
就業面と生活面の一体的な相談・支援を行っています。

 

【地域若者サポートステーション(サポステ)】
働くことに踏み出したい15歳~49歳までの方を対象に、相談やコミュニケーション講座など、就労に向けた支援などを行っています。

病院やクリニックで診断を受ける

診断を受ける場合は、主に「精神科」「神経科」「心療内科」などになります。病院によっては専門外来を設けているところもあります。

 

インターネットなどで「ASD 病院」などのキーワードで検索するか、それでも見つからない場合は、発達障害支援センターに相談すると紹介してもらえることもあります。

 

またASDという診断を受けることで、自分が生きやすく、働きやすくするためのサポートを受けやすくなるというメリットがあります。例えば、精神障害者保健福祉手帳の取得や福祉サービスの利用、障害者雇用枠で働くなどが挙げられます。

働くことのサポートを受ける

これから働くことに不安がある方は、働くことのサポートを受けることを検討にいれても良いでしょう。診断や障害者手帳有無などによって受けられる支援は異なりますので、詳細は各支援機関でご確認ください。

 

【障害者職業センター】
都道府県に設置されている機関で、障害のある方に対する職業リハビリテーション、就職支援、就労継続支援などを行っています。

 

【ハローワーク】
求人紹介やセミナーなど就労全般をサポートするところです。ハローワークの中には、発達障害を理解している専門チューターを配置し、就職先を探す発達障害のある方に向けて相談業務を展開しているところもあります。

 

【就労移行支援事業所】
一般企業への就職を目指す障害のある方(65歳未満)を対象に、就職するために必要なスキルを身につけていただくためのプログラム実施、就職活動から就職のサポート、就職後の職場への定着支援を行う場所です。

 

LITALICOワークスでは「就労移行支援事業所」のサービスを提供しています。そのひとりに合う「働く」をみつけ、そのひとりらしい「やりがい・楽しみ」をみつけられるようサポートします。ぜひいつでもお気軽にご相談ください。

まとめ

「ASD」とは、自閉症スペクトラムの特性によって、日常生活で困難が発生している状況のことをいいます。自閉症スペクトラムの特性と環境の相互作用によって、生きやすさが変わっていきます。

 

そのため、自分の特性や強み・弱みを理解した上、その特性にあわせた環境を調整することで、あなたらしく人生を過ごす方法が見つかるかもしれません。もし現在の日常生活で困っていることがあれば、ぜひお近くの病院や支援機関など活用してみてください。

  • 監修

    鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授/LITALICO研究所 客員研究員

    井上 雅彦 先生

    応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

関連ページ

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ