Close

Close

就職事例ストーリー

精神障害者の就職・雇用事例

精神障害のある方の就職・雇用事例をご紹介します。迷ったり悩んでたりした以前の仕事・職場のことや就労移行支援を利用する前のこと、LITALICOワークスでカリキュラムをはじめてから企業実習などで気づいたこと、就活して就職するまでのこと、雇用後も長く働くためにしている工夫のこと、今の目標やこれからのことなど。年代・障害にあわせたさまざまなケースをご覧ください。

精神障害とは

脳内の情報を伝達する物質のバランスが、何らかの原因によって崩れることから発症する精神疾患の総称です。主に、統合失調症、気分障害(うつ病・双極性障害)、不安障害、強迫性障害、適応障害、てんかんなどがあります。
見た目には分かりにくい障害のため、他人から理解されにくいことも特徴の1つです。
そのためLITALICOワークスでは「障害理解」と「障害説明」をプログラム化し、他者に自身の障害を伝える方法も学びます。意識や記憶、感情、行動等の脳機能の障害からいきづらさを感じられる方もいますが、継続的な治療や服薬により、症状をコントロールできるようになる方も多くいます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 男性
  • 20代
  • IT関連
統合失調症(精神障害)

体力や体調に合わせた仕事のペース配分が大事

もともとは長い間、内装業の仕事をしていたMさん、パソコンを使った仕事の経験は全くありませんでした。以前の雇用先はかなりキツイ仕事だったとのことで、これからは体力的な負担が少ないというイメージから「パソコンを使った仕事がしたい!」という希望を持っていました。プログラム中は集中してコツコツとパソコンに向かい、ゆっくりですが確実にスキルを習得していきました。持ち前の笑顔・気配り・人当たりのよさ、熱意やコミュニケーション能力が決め手となり、IT関連の会社に採用が決まりました。

  • 男性
  • 30代
  • 人材派遣業
うつ病(精神障害)

細く長く働き続けることを目標に

Eさんは東京で情報技術系の学校を卒業し、IT企業でシステムエンジニアとして働いていました。そこでは毎日過酷な納期に追われるなかで深夜までサービス残業が続き、ついに体を壊しうつ病(精神障害)と診断されました。体を壊してからは会社を辞め、しばらくは傷病手当金をもらいながら療養していました。「療養の経過も良好で、少しずつ再就職を目指したい!」という気持ちは日に日に強くなり、求人誌を見たり、雇用案内板を見たり、ハローワークにも訪問するなどの就職活動をおこなっていました。

  • 男性
  • 30代
  • 冠婚葬祭業
統合失調症(精神障害)

できる仕事とやりたい仕事に線を引くということ

スタッフから静岡にある企業の求人を提案したところ、Sさんは即承諾。企業の雇用前実習からスタートしましたが、慎重な性格もあってLITALICOワークスを卒業することに不安を感じていました。そこで、職場にトライアル雇用を提案し、就労支援を受けながら仕事を始めてみる、という方法を取ることにしました。雇用先は「まずは慣れることから、徐々にステップアップしてもらいたい」と言っていました。その後、トライアル雇用から本採用しました。「今の仕事にはとてもやりがいを感じています。働くことができるというだけで、とても充実した毎日です」とSさんは話します。

  • 男性
  • 40代
  • 福祉
統合失調症・アスペルガー症候群

「無表情なくらいがちょうどいい」

慢性期の統合失調症のGさんは、よくも悪くも「安定」が特徴。休みなし!遅刻早退なし!という安定感の一方で、表情の変化が乏しく服装も常に同じという面がありました。表情に関しては特に採用面接での印象が悪く、無表情すぎることを面接官から心配されることもありました。ですが、横浜市内のある企業で経理の仕事の面接を受けたとき採用面接の担当者から、「経理をやる人間は、無表情くらいがちょうどいいです」と言われました。そして、とんとん拍子で採用が決まりました。

  • 男性
  • 20代
  • 福祉
うつ病(精神障害)

うつ病を明かさず、一般求人での就職支援

福祉系の仕事を希望していたので、神奈川県内にある福祉用具を扱う企業の求人に応募することにしました。「体調不良を訴える」ことができるのかどうかを心配していましたが、Kさんは「できないことも含めて自分だと考えて、仕事をしていきたい」と、その頃には少しゆったりと物事を捉えていけるような考え方に変わってきました。希望通り一般求人で就職活動し、うつ病を明かさず就職することができました。雇用後も仕事をしていくなかでKさんは「仕事をする前と後では大きく違ったことがある」と話されます。

  • 女性
  • 50代
  • 小売業
うつ病(精神障害)

置かれた場所で咲きなさい

KさんはLITALICOワークスに来るまでずっと1人で就職活動について悩み、求人に応募しても上手くいかないことへの焦りからイライラを強く感じるようになっていたようです。1人で抱え込んだ理由として、うつ病について周りに相談するのも気が引けるし、自分の悩みはきっと分かってくれないだろうという気持ちが強かったからだと話されます。通うようになって、同じような悩みを持ち、就職を目指す仲間が周りにいることでKさんの中にあった働くことへの不安が徐々に軽減されていきます。

  • 女性
  • 30代
  • 医療
不安障害(精神障害)

「動いてみてから一緒に悩んでみましょうか」

神奈川県内で看護師として10年ほど働いてきたEさん。看護主任に昇格してから仕事量や責任が増え、精神的なプレッシャーも強くなり、精神的に不安定な状態になりました。精神科を受診し、治療が始まりましたが、薬の副作用による日中の眠気や指先の震えが現れて、看護師の仕事が続けられなくなりました。

  • 女性
  • 30代
  • 学校
統合失調症(精神障害)

障害をオープンにしない就職

Tさんは「病気だと思われないくらいに安定して仕事をしたい」から「病気を明かさずに働きたい」と希望がはっきりしていました。そのため、一般求人への応募に絞って就職活動を続け、ついに学校の図書室で働くことになりました。障害のあることを雇用先に伝えない状態での就職なので心配はありましたが、シフト制勤務のため、病院の通院がこっそりできることや、時短勤務で体にも負担が少ないこと、何よりもともと本が大好きなTさんにぴったりな職場環境であり仕事内容でした。

  • 男性
  • 50代
  • 小売業
うつ病(精神障害)

目標は「新社会人1年生になる!」

社会のなかで働くことは、多くの人にとって自然なことのように思えるかもしれません。ただそれができず、長年うつ病と付き合っている50代のMさんは「新社会人1年生になる!」ということが大きな目標でした。横浜市内の企業で、念願だった就職が決まりました。雇用先はスーパーで、仕事内容はポップの制作とブログの更新です。趣味であり得意でもあったパソコンをいかせる求人を探していたMさんにとって、パソコンを使う仕事が決まったときは本当にうれしそうでした。

  • 女性
  • 40代
  • 福祉
うつ病(精神障害)

頑張らないことを、頑張ります!

何に対しても真面目で熱心なHさん。「なにか目標を持つと、頑張りすぎて倒れてしまう」ということを繰り返していました。これは気分障害の特徴の1つで、「こうしなくてはいけない」という義務感が強すぎるあまり、自分を追い込んでしまう傾向にあります。その結果、疲労とストレスが蓄積し、うつ病(気分障害の一種)を悪化させてしまうことがあります。そこで主治医から障害者の就労支援をおこなうLITALICOワークスの利用をすすめられました。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みは
こちらから。

0120-956-713 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ