Close

Close

就職事例ストーリー

精神障害者の就職・雇用事例

精神障害のある方の就職・雇用事例をご紹介します。迷ったり悩んでたりした以前の仕事・職場のことや就労移行支援を利用する前のこと、LITALICOワークスでカリキュラムをはじめてから企業実習などで気づいたこと、就活して就職するまでのこと、雇用後も長く働くためにしている工夫のこと、今の目標やこれからのことなど。年代・障害にあわせたさまざまなケースをご覧ください。

精神障害とは

脳内の情報を伝達する物質のバランスが、何らかの原因によって崩れることから発症する精神疾患の総称です。主に、統合失調症、気分障害(うつ病・双極性障害)、不安障害、強迫性障害、適応障害、てんかんなどがあります。
見た目には分かりにくい障害のため、他人から理解されにくいことも特徴の1つです。
そのためLITALICOワークスでは「障害理解」と「障害説明」をプログラム化し、他者に自身の障害を伝える方法も学びます。意識や記憶、感情、行動等の脳機能の障害からいきづらさを感じられる方もいますが、継続的な治療や服薬により、症状をコントロールできるようになる方も多くいます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 男性
  • 20代
  • 物流
不安障害(精神障害)

初めての就職、不安を自信に変えて

Oさんは、思春期の頃から不安障害と対人恐怖があり、高校卒業後も思うように社会人としての1歩を踏み出せずにいました。そんな中、利用していた「地域若者サポートステーション」からLITALICOワークスの就労支援を紹介されて、通いはじめました。何度か不採用が続いたものの、Oさんはくじけることなく求人に応募を続け、希望の職種で雇用が決まりました。勤務開始後は、初めての就職・初めての社会人ということで不安が高まり、何度かパニックになりそうなこともありました。

  • 男性
  • 30代
  • 外食産業
うつ病(精神障害)

「20年間職歴なし」の壁を超えた!

20年という引きこもり生活の中、毎日パソコンだけは使っていたというSさんは、実務的なパソコンスキルの吸収がとても早い! スタッフ一同感心しました。しかし「20年間職歴なし」の壁は高く、求人への応募も初めてのチャレンジだったため、何度も模擬面接を繰り返す日々が続きました。自己分析から面接で質問されることを想定し、企業の採用担当だったスタッフと実践的な模擬面接を重ね、自信をもって求人に応募し、採用面接に挑むことができるようになりました。

  • 男性
  • 50代
  • 運輸
うつ病(気分障害・精神障害)

50代で再就職、挑戦し続けることが大事

うつ症状もあり、何をしても前向きに考えることがなかなかできず、就職活動をしても面接でまともに受け答えをすることができなくなっていました。ご家族の方からの進言で就職活動から距離をとってみても、焦りから気持ちは一向に晴れません。そんなとき、病院の先生から「今の病状や自分の適性を考えて、これまでとは違った視点から仕事探しをしてみては?」とアドバイスされ、LITALICOワークスの就労支援を紹介されました。

  • 男性
  • 30代
  • カラオケ店
うつ病(精神障害)

ゆっくりと取り戻した自信

就労支援の利用し始めたDさん。自己分析やビジネスマナーや、履歴書作成などの就活プログラム、雇用後の仕事で必要となるパソコンスキルなど実践的なプログラムに取り組みました。また人間関係に課題を感じていたので、仕事での接し方などを学ぶコミュニケーション講座にも積極的に参加。雇用につながる就職活動支援や、採用後に仕事で役立つスキルの習得、また雇用後によくある困惑事例などをあらかじめ知っておくなど、就労後の不安をなくす努力をしました。

  • 男性
  • 50代
  • 経理事務
アルコール依存症・うつ病(精神障害)

止まっていた時間が動きだした

採用試験を何社受けても、不採用に次ぐ不採用。Nさんにとってつらい日々が続きます。スタッフは「Nさんがまた気力を失ってしまうのではないか」とハラハラしながら就職支援を続けました。職場実習をできるだけ多く体験していただき、仕事場の活気に触れることで「働きたい!まだまだやれる!」という意欲をかき立て、自信を持っていただけるよう工夫したりしました。そしてついに。数十社目にエントリーした会社で、Nさんは念願の経理事務職に採用されたのです。

  • 女性
  • 30代
  • IT関連
統合失調症(精神障害)

対人関係への苦手意識を克服

Aさんは、笑顔が印象的な女性です。ニコッと笑うと素敵な笑顔からAさんの朗らかな人柄が伝わってくるような気がします。事務職の経験があり、パソコンスキルも豊富。就労支援を利用する前は「現状のままでも、事務職として十分に活躍できるのでは?」と思えたほどです。しかし、「人との距離感をつかむことが苦手」という課題がありました。例えば、好きな人にはどんどん近づいていき、踏み込むべきでない部分にまで踏み込んでしまうことがありました。

  • 男性
  • 20代
  • 販売業
精神障害

仕事に対する誠実な心がまえが認められた

「前の職場の上司が、すごく怖いひとでした。だから、辞めることにしました」事務の仕事をしていたAさんでしたが、ゆっくりとした仕事のペースを上司に咎められ、その言い方に強い恐怖を感じてしまい、夜なかなか寝れなくなってしまったそうです。その後も、無能扱いをされたり、強く叱責されたりと、上司からの風当たりが強く、気持ちが耐え切れずに少しずつ会社に行くことが出来なくなり離職しました。

  • 男性
  • 20代
  • 行政
精神障害

就職前におそわれる不安、安心材料を増やして

人あたりもよく、はきはきとした返事のFさん。高校卒業後、すぐに事務職で就職したといいます。職場では信頼も厚く、「Fさんはデキる人だから」と、どんどん仕事を任されていました。しかし、増え過ぎた仕事の量に対応できず、やがてスキル不足とみなされてしまうように。ついには事務職を辞めることになってしまいました。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ