Close

Close

就職事例ストーリー

統合失調症の方の就職・雇用事例

統合失調症の方の就職・雇用事例をご紹介します。前職であったことや就労移行支援で体験したプログラム・企業インターン・就職活動・採用後の定着支援、今の思いや今後の展望など。年代・障害にあわせたさまざまなケースをご欄ください。

統合失調症とは

何らかの原因から、思考などを統合する能力が長期間に渡って低下する精神疾患の1つです。具体的な症状として、存在しない人や物が見える幻覚・声が聞こえるなどの幻聴・誰かにみられている気がするなどの妄想などがあります。
進学・就職・結婚など、人生の岐路における環境変化がきっかけで発症することもあるため、発病前後のギャップに悩まれる方もいますが、服薬などでの体調管理や「やることのリスト化」など、工夫して働かれている方も多くいます。
※本サイトで紹介している就職事例はごく一部です。

  • 男性
  • 30代
  • 商社
アスペルガー症候群(発達障害)統合失調症、パニック障害、躁うつ病(双極性障害)

自分自身を見つめ、探し続けた「場所」と「人」

東京生まれ東京育ちのSさんは、幼少期にアスペルガー症候群(発達障害)と診断されました。Sさんは人とのコミュニケーションを苦手にしており、高校生のころに二次障害として統合失調症やパニック障害、躁うつ病(双極性障害)を発症しました。Sさんは就職するにあたり、自身の障害は開示せず、高収入かつ正規雇用を希望。しかし主治医からは就労不可を言い渡され、まずは就労支援を受けつつ、生活リズムを整えることからはじめるように言われました。

  • 男性
  • 20代
  • アミューズメント
統合失調症(精神障害)

企業インターン、今まで気づかなかった適性や面白さ

統合失調症の診断を受けて、自分らしい働き方を実現するために転職を決意。東京・神奈川にあるいくつかの障害者就労移行支援事業所を検討しましたが、障害者向けの求人情報が得やすく、豊富なカリキュラムや長期的な就労継続をサポートする定着支援制度が充実しているなどの理由でLITALICOワークスを選んだといいます。Mさんはとにかく就職活動に意欲的。希望は適度に体を動かせる作業系の求人を探していました。

  • 男性
  • 20代
  • IT関連
統合失調症(精神障害)

体力や体調に合わせた仕事のペース配分が大事

もともとは長い間、内装業の仕事をしていたMさん、パソコンを使った仕事の経験は全くありませんでした。以前の雇用先はかなりキツイ仕事だったとのことで、これからは体力的な負担が少ないというイメージから「パソコンを使った仕事がしたい!」という希望を持っていました。プログラム中は集中してコツコツとパソコンに向かい、ゆっくりですが確実にスキルを習得していきました。持ち前の笑顔・気配り・人当たりのよさ、熱意やコミュニケーション能力が決め手となり、IT関連の会社に採用が決まりました。

  • 男性
  • 30代
  • 冠婚葬祭業
統合失調症(精神障害)

できる仕事とやりたい仕事に線を引くということ

スタッフから静岡にある企業の求人を提案したところ、Sさんは即承諾。企業の雇用前実習からスタートしましたが、慎重な性格もあってLITALICOワークスを卒業することに不安を感じていました。そこで、職場にトライアル雇用を提案し、就労支援を受けながら仕事を始めてみる、という方法を取ることにしました。雇用先は「まずは慣れることから、徐々にステップアップしてもらいたい」と言っていました。その後、トライアル雇用から本採用しました。「今の仕事にはとてもやりがいを感じています。働くことができるというだけで、とても充実した毎日です」とSさんは話します。

  • 男性
  • 40代
  • 福祉
統合失調症・アスペルガー症候群

「無表情なくらいがちょうどいい」

慢性期の統合失調症のGさんは、よくも悪くも「安定」が特徴。休みなし!遅刻早退なし!という安定感の一方で、表情の変化が乏しく服装も常に同じという面がありました。表情に関しては特に採用面接での印象が悪く、無表情すぎることを面接官から心配されることもありました。ですが、横浜市内のある企業で経理の仕事の面接を受けたとき採用面接の担当者から、「経理をやる人間は、無表情くらいがちょうどいいです」と言われました。そして、とんとん拍子で採用が決まりました。

  • 女性
  • 30代
  • 学校
統合失調症(精神障害)

障害をオープンにしない就職

Tさんは「病気だと思われないくらいに安定して仕事をしたい」から「病気を明かさずに働きたい」と希望がはっきりしていました。そのため、一般求人への応募に絞って就職活動を続け、ついに学校の図書室で働くことになりました。障害のあることを雇用先に伝えない状態での就職なので心配はありましたが、シフト制勤務のため、病院の通院がこっそりできることや、時短勤務で体にも負担が少ないこと、何よりもともと本が大好きなTさんにぴったりな職場環境であり仕事内容でした。

  • 女性
  • 30代
  • IT関連
統合失調症(精神障害)

対人関係への苦手意識を克服

Aさんは、笑顔が印象的な女性です。ニコッと笑うと素敵な笑顔からAさんの朗らかな人柄が伝わってくるような気がします。事務職の経験があり、パソコンスキルも豊富。就労支援を利用する前は「現状のままでも、事務職として十分に活躍できるのでは?」と思えたほどです。しかし、「人との距離感をつかむことが苦手」という課題がありました。例えば、好きな人にはどんどん近づいていき、踏み込むべきでない部分にまで踏み込んでしまうことがありました。

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
障害や就職に関する相談の申込みは
こちらから。

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ