Close

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

Close

お役立ち仕事コラム

大人のADHDの特徴・特性とは?診断や治療方法、支援機関などご紹介

人間関係やコミュニケーション、仕事の進め方などにおいて、思うようにうまくいかず、困っていませんか?
これはもしかしたら「発達障害」が原因かもしれません。

現在、大人になってから初めて「発達障害」と診断される方が増えています。

 

発達障害とは、大きく分けて主に3つあります。

  • ADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害
  • ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害
  • LD(学習障害)

この記事では、発達障害のうちのひとつである「ADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)」はそもそもどういった特徴・特性があるのか、どのような治療や対策があるのかを詳しく見ていきます。

※この記事内では「ADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)」を「ADHD」と表記します。

ADHDかもと思ったら、どうすればいい?

職場や生活において、このようなことで困ったことはありませんか?今までの行動を振り返ってみましょう。

  • 会議になると集中力が途切れてしまう
  • 周囲が気になって、目の前にある仕事に集中ができない
  • マルチタスクが苦手である
  • 優先順位をつけることが難しい
  • 衝動買いをしてしまう
  • 約束や期限を忘れてしまう
  • 単純作業が苦手、ミスしてしまう
  • なくしもの・忘れ物が多い など

上記で思い当たる項目が多ければ多いほど、もしかしたらADHDの傾向があるかもしれません。

 

子どもの頃はADHDの行動特性が強くない場合、もしくは、ADHDの行動特性があっても周囲が受け止めてくれる場合、「ADHD」と認められずにそのまま見過ごす場合が多いといわれています。

 

ところが社会人になると、どのような仕事においてもミスがあると注意されやすい環境となり、対人関係もうまくいかなくなり、辛い状況になってしまうことがあります。

 

そこで初めて「もしかしたら私はADHDかも?」と気づき、病院へ受診する人が多くいます。
また社会や家庭などでうまくいかない経験が重なると、自分に自信が持てなくなり、うつ病や不安障害などといったような障害が発症してしまう場合もあります。このことを二次障害といいます。

 

「もしかして私はADHDかも?」と思った時は、まずADHDの特性を理解し対策をたてることで、自分が感じる生きづらさやストレスを少しでも軽減させることが大切です。

 

ADHDの特性とはどういったものなのかを理解した上で、今後自分が生きやすく働きやすくするために、今からできることを考えていきましょう。

ADHDの特性・特徴、原因とは?ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)と何が違うの?

ADHDの特性とは

ADHDは「Attention-Deficit Hyperactivity Disorder」の略称で、日本語に訳すると「注意欠如・多動症」です。文字通り「不注意」「多動傾向」が主な特性となります。

  • 不注意
    ・注意、集中ができず、ケアレスミスが多い
    ・モノをなくしたり、置き忘れたりする
    ・片付けやスケジュール管理が苦手
    ・約束を忘れてしまう など
  • 多動性、衝動性
    ・落ち着きがない、そわそわする
    ・一方的なおしゃべりをしてしまう
    ・感情が高ぶりやすく、いらいらしやすい
    ・衝動買い、金銭管理が苦手
    ・自分の順番を待つのが苦手 など

ADHDの特性は3つのタイプに分かれる

ADHDといっても、人によって特性の現れ方はそれぞれ違います。

 

アメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)においては次の3つのタイプがあるとされています。

  • 不注意優勢型
    不注意が目立つが、多動性・衝動性は目立たないタイプ
  • 多動性ー衝動性優勢型
    多動性・衝動性が目立つが、不注意は目立たないタイプ
  • 混合型
    不注意・多動性・衝動性、どれも目立つタイプ

ADHDの原因は脳機能の偏りといわれている

ADHDの根本的な原因はまだ解明されていませんが、脳機能の偏りが原因のひとつであるといわれています。少なくともご本人の努力不足や、やる気によるものではありません。

 

脳の特定部位の機能障害】
集中力の維持や行動の計画、ワーキングメモリーなどの働きをするための「前頭前野」とスムーズな行動を行うための「尾状核」の働きが弱いことが原因とされています。

 

【神経伝達物質「ドーパミン」の働きが弱い】
神経伝達物質は、脳内の神経細胞同士の連絡を助ける役割を担っています。

 

特に神経伝達物質のうち「ドーパミン」は、目的のある行動(学習や作業など)を促したり、ワーキングメモリーを働かせたりする重要な役割があるといわれています。

 

ドーパミンの働きが低下すると、不注意や多動性、衝動性などの特性が現れやすくなります。

 

【ADHDにかかわる実行機能】
実行機能とは「状況や場面を把握し、うまく対処するためにはどのような行動をとればいいかを反応し、実行する」ことをいいます。

 

実行機能は複数の要素があり、それぞれ相互作用しながら働くものと考えられます。特にADHDに関わる実行機能は大きく分けて6つの要素があります。

  • 取り掛かり
    課題の整理、優先順位づけ
  • 焦点化
    課題に対する注意の焦点化、注意の維持、注意の移動
  • 努力
    課題を遂行するために意識を覚醒させる、努力の維持、適切な処理速度
  • 感情
    欲求不満の管理、感情の調整
  • 記憶
    ワーキングメモリー(作業記憶)の活用と想起
  • 行動
    自分の行動を客観的に監視し、必要に応じて自己制御する機能

アメリカの精神科医トーマス・E・ブラウンによると、ADHDにかかわる「実行機能」の中の一部、もしくは全てに機能障害のためにADHDの特性が現れるのではないかといわれています。

ADHDとASDの違いとは

発達障害の一つである「ASD(自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害)」とは、「知的障害を伴う自閉症」と「知的障害を伴わない自閉症(アスペルガー症候群)」を総称した名称です。

ASDの基本的な特性は、次の通り2つあげられます。

  • 対人関係における相互的反応の障害
    「相手の心情を表情や言葉のニュアンスから察することが苦手」「場の雰囲気を読むことが難しい」などが多いです。
  • 同一性へのこだわり
    「特定の対象に対して強い興味を示す」「反復的で機械的な動作が見られる」「こだわりが強く、状況に応じた柔軟な対応が難しい」などが多いです。

ASDは対人関係などその場の状況に応じて対応が必要とされる状況は苦手であるが、一方で数字の記憶やカレンダー計算、パズルなど一定のルールのある作業は得意とすることが多いです。

 

前述のような点を主な特性とするASDと、不注意・多動性、衝動性を主な特性とするADHDは、異なるものです。

 

しかし、実際は両者の特性を同時に示すことがあります。

 

具体的には「話に集中できない」という状況においては、ADHDの場合は集中ができない不注意によるものから来ているが、ASDの場合は興味が持てないために来ています。

 

そのため、ADHDとASDの区別がつきにくい場合が多いです。最初はADHDと診断されていたが、後にASDと診断し直されることもあれば、その逆のパターンもあります。またADHDとASDが併存していると認められることもあります。

ADHDの診断や治療方法とは?

ADHDの診断とは

アメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)を診断基準にし、問診やカウンセリング、検査などを中心に行います。

ADHDの診断を受けるときに、準備しておくといいもの

ADHDの診断には、子どものころの様子や、仕事や生活に関する情報が必要になることがあります。

 

診断に必要な情報が不十分であったり、ADHDと似た特性をもつ別の疾患の可能性があったりすることで、状況によっては診断がすぐにつかない場合もあります。

 

受診する際には、以下の準備をしておくといいでしょう。

  • 家庭、職場などの各場面において、悩んでいること
    (例)複数の指示をされるとパニックになる、計画通り進めることができない、部屋での片付けが苦手 など
  • 小さい頃の生活態度が分かるようなもの
    (例)親がつけていた育児日記、学校の先生のコメントが書かれている連絡帳、通知表 など


また発達障害の診断を受けようかどうか迷っている方も多くいるといわれています。考え方のひとつとして、発達障害のある方を15年以上サポートしてきた就
労支援員のアドバイスをここでご紹介します。

 

  • 【就労支援員より】診断を受けようか迷っている方へ
    これまで発達障害のある方の就労支援をしていた中で

    「自分で望んで、診断を受けに行ってスッキリした方」

    「診断を受けたが、なかなか受け止めきれなかった方」

    「診断を受けるという行動になかなか行けない方」

     

    など、人によってさまざまでした。アイデンティティ(自己同一性)に関する葛藤は、人が成長していく中でみんな共通してあると思います。そのときに診断や発達障害というキーワードが入ってくるというのは、いろいろな気持ちを揺さぶられるのではないかなと想像しますし、説明を聞くのもタイミングがあると思います。

     

    そこで大切なのは、ご本人の人生なので自分で決定できるということ、その際に「選択肢を用意すること」だと私は思います。

     

    「まずは診断をうけて自分を知る」

    「自分は何が得意で何が苦手なのか」を知る

    「発達障害者支援センター」で情報収集に行く

     

    などのいろいろな選択肢をまず並べてみて、「どれが今の自分が一番納得できるかな?」という形で選べるのがいいのかもしれません。

     


    <引用>

    【動画視聴あり】頑張ってもうまくいかない ひょっとして発達障害? と思ったら読む 無理しない働き方 ~出版記念イベント~


ADHDの治療方法とは

ADHDを完治することは難しいですが、「薬物療法」「環境調整」「認知行動療法」など、組み合わせて行うことで、日常生活における困難さを軽減することはできます。

 

● 薬物療法
ADHDの症状を改善するために薬を服用していきます。

 

「コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩)」
脳の中枢神経に作用する「中枢神経刺激剤」の一種です。脳内の神経伝達物質の働きを強める作用により、中枢神経系が刺激されるといわれています。

 

「ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)」
脳内の神経伝達物質の働きを調節する作用があるといわれています。

 

上記以外にも、「ビバンセ(リスデキサンフェタミンメシル酸塩)」「インチュニブ(グアンファシン塩酸塩)」などもあります。主治医と相談しながら、自分に合う薬を調整していきます。

 

【参考URL】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構Pmda「コンサータ」
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/1179009

独立行政法人医薬品医療機器総合機構Pmda「ストラテラ」
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/1179050

 

 

● 環境調整
自分の特性(得意・苦手なこと)を理解したうえで、苦手分野を補うために生活環境や人間関係などを見直す方法のことです。

  • (例)約束を忘れてしまう 
    → リマインダーやカレンダー機能を使う など
  • (例)気が散りやすく集中がしにくい 
    → 耳栓をつける、周りとの間に仕切り板を立てる など

このように環境を調整することで自分の苦手分野をカバーできるようにしていきます。

 

認知行動療法
認知行動療法とは、認知(考え方や価値観)のゆがみを改善し、状況や場面にふさわしい行動がとれるよう、トレーニングを行う方法のことです。

認知行動療法のゴールは以下の通りです。

  • 自己マネジメントや対処行動を身につけることで社会に適応できるようにする
  • 自尊心や自己肯定感をもてるようになる
  • 注意力や感情調整のスキルを向上させる など

認知行動療法を通して、本人のストレスを減らし、社会に適応できるようにしていきます。

ADHDかも?と思った時、どうすればいい?支援機関などご紹介

もしかしたら私はADHDかも?と思った時、まず自分自身の行動特性(得意・不得意)を理解し、受け入れることが大切です。

 

の上、自分にできること、自分にあった環境とはどういった環境なのか、どのような対処をすれば苦手な部分をカバーできるのかを見つけていくことで、日常生活や仕事などの困難さを軽減させていきます。

 

1人で解決することが難しい場合、ADHDのある方の生活や就職を、サポートする支援機関もたくさんあります。積極的に活用してみるといいでしょう。

 

以下を参考にしつつ、今自分ができるところから少しずつ始めてみましょう。

ADHDの診断を受けてみる

病院やクリニックの「精神科」「神経科」「心療内科」などを受診します。

 

ただし、ADHDを含む発達障害の診断・治療を専門的に行える医師・専門機関は少数です。そのため、受診機関での診断や治療に納得がいかない場合はセカンドオピニオンを検討することを視野にいれてもいいでしょう。

 

インターネットなどで「ADHD 病院」などのキーワードで検索するか、それでも見つからない場合は、各都道府県・指定都市に設置されている発達障害者支援センターに相談すると紹介してもらえることもあります。

自分について知る

日常生活や仕事における困難さを少しでも軽減するために、自分を知ることが大切です。

 

まずは自分の得意なこと・不得意なことを整理し、不得意なことがあれば、どのような環境やサポートがあればできるかを考えてみましょう。

 

職場の環境やサポートにおいては、以下のような障害者雇用の事例を参考にしてもいいかもしれません。

 

【参考URL】
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
障害者雇用事例リファレンスサービス
https://www.ref.jeed.go.jp/

 

自分を知ることが難しい場合、発達障害者支援センターなどの支援機関を活用して、自分のことを知るという方法もあります。

ADHDに関する情報収集や相談をしてみる

日常生活のさまざまな困りごとの相談ができる場所をご紹介します。

 

【発達障害者支援センター】
ADHDなどの発達障害がある方への支援を総合的に行っている専門機関で、各都道府県・指定都市に設定されています。日常生活・仕事などのさまざまな困りごとについて、相談することができます。

 

【精神保健福祉センター】
主に精神疾患・精神障害がある方の自立と社会復帰を支援するための専門機関で、各都道府県に設置されています。

 

【自助グループ・家族会】
ADHDがある方の自助グループなどが各地につくられています。同じ悩みや困りごとを持った仲間が集まる場所となるため、生活上の困難をうまく乗り越えるアイデアを共有できることもあります。

インターネットなどで検索して探してみてもいいでしょう。

就労に関する相談やサポートを受けてみる

働くことに関するさまざまな困りごとの相談やサポートが受けられる場所をご紹介します。

 

【障害者職業センター】
都道府県に設置されている機関で、障害のある方に対する職業リハビリテーション、就職支援、就労継続支援などを行っています。

 

【ハローワーク】
求人紹介やセミナーなど、就労全般をサポートするところです。ハローワークの中には、発達障害を理解している専門チューターを配置し、就職先を探す発達障害のある方に向けて相談業務を展開しているところもあります。

 

【障害者就業・生活支援センター】
就業面と生活面の一体的な相談・支援を行っています。

 

【就労移行支援事業所】
一般企業への就職を目指す障害のある方(65歳未満)を対象に、就職するために必要なスキルを身につけていただくためのプログラム実施、就職活動から就職のサポート、就職後の職場への定着支援をおこなう場所です。

 

LITALICOワークスでは「就労移行支援事業所」のサービスを提供しています。そのひとりにあう「働く」をみつけ、そのひとりらしい「やりがい・楽しみ」をみつけられるようサポートします。ぜひいつでもお気軽にご相談ください。

まとめ

不注意や多動性、衝動性は周囲の人から見ると、理解を得られにくく、誤解を受けやすい傾向がありますが、これは本人のやる気や努力不足によるものではなく、ADHDの特性(脳機能の偏りが原因)によるものかもしれません。

 

ADHDの場合、薬物療法や環境調整、スキルなどを身につけることで、本人のストレスや日常生活・仕事の困難さを軽減させていくことができます。

 

もし迷った時・悩んだ時は、病院や支援機関などをぜひ活用してみてください。

  • 監修

    鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授/LITALICO研究所 客員研究員

    井上 雅彦 先生

    応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

関連ページ

まずはお気軽にご相談ください。

無料でパンフレットをお送りします。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

相談希望の方はこちら

資料請求はこちら

※ご家族からの相談もお待ちしています。

まずはお気軽にご相談ください。
相談したい方
相談・見学する

0120-951-712 受付時間 平日10:00〜17:00

※番号をタップしてください。

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ