Close
お役立ち仕事コラム

うつ病で休職するには?診断書や過ごし方・復帰方法について解説。休職期間はどのくらい?

現代の日本において、うつ病は決して珍しい病気ではありません。

 

厚生労働省の公式サイトにも「100人におおよそ6人は生涯のうちにうつ病を経験している」と記載されています。

もしも、うつ病にかかってしまったら、専門家に相談をして、体と心を休めることが大切です。場合によってはストレスの原因になっている事柄から距離を置き、療養することも必要になってきます。その場合に、休職をするなども一つの選択肢として、専門家や職場の人に相談してみることもよいかも知れません。

 

この記事では、うつ病で休職する際の流れや、休職期間の平均、休職中の過ごし方、復帰方法についてご紹介します。

うつ病で休職するには診断書が必要。手続きの流れは?

休職制度とは、労働者がなんらかの事情により働けなくなった場合、労働契約を保ったまま、就業を免除される仕組みのことです。法律で定められている制度ではなく、会社が独自に導入しています。

 

そのため、適用される条件、休職可能期間なども会社ごとに異なっています。

この項目では、うつ病や抑うつ状態で休職手続きをする際の流れについて解説していきます。

専門機関へ相談する

うつ病や抑うつ状態による休職手続きを行う際には、多くのケースで必ず医師の診断書の提出が求められます。

 

そのため、まずはどのような状況なのか医師に説明して、体調不良により仕事に支障が出ている仕事の続行が難しい旨を伝える必要があります。

 

かかりつけの心療内科や精神科がない場合は、勤務先の産業医への相談を検討しましょう。

 

産業医とは労働者の健康管理を目的として選任される医師のことです。

 

基本的に労働者数が50人を超える会社の場合、1人以上の選任が義務付けられています。

必要に応じて産業医から専門機関へ紹介してもらうとよいでしょう。

 

また、医療機関だけでなく、家族にも事情を伝えて、理解を得ておくことも大切なポイントです。

休職制度について確認する

勤務先の会社に休職制度があるのか否か、そして制度内容について把握しましょう。

 

会社の休職制度の詳細は上司や人事部、産業保健スタッフから教えてもらいましょう。

 

また、就業規則に制度の詳細が記載されていることもあります。

 

とくに、下記4点は要チェックポイントです。

 

  • 休職可能な期間
  • 給料
  • 社会保険
  • 休職中の連絡方法

 

ひとつずつ、どのような点をチェックすべきかご紹介します。

 

休職可能な期間
あらかじめ、会社側が定めている休職可能期間を把握しておきましょう。休職制度は会社が独自で導入しているため、休職できる期間もさまざまです。

医師から受け取る診断書には必要とされる休養期間が記されていますが、会社のルールによっては、記載通りに休めるとは限りません。


給与
休職期間中、お給料が支払われるか否かも会社ごとに異なっています。

とはいえ、満額支払われるパターンは少なく、一切支給されない可能性もあります。

そのような際にも、社会保険に加入していれば「傷病手当金」を受け取れるのでご安心ください。

「傷病手当金」は一定の条件を満たせば、休業前に支払われていたお給料のおおよそ3分の2が最大で1年6ヶ月支給される仕組みです。

「傷病手当金」については、後の項目で詳しく解説します。

 

社会保険
基本的に休職中であっても、社会保険料の支払いは行う必要があります。

負担額の割合は会社と従業員で半分ずつと、休職前と変わりありません。

 

しかし、問題は徴収方法です。

通常、社会保険料は毎月の給与から差し引かれて徴収される仕組みです。

つまり、休職中に無給となる場合、会社側はお給料からの天引きができません。そのため、社会保険料を事前に会社へ振り込むなどの対応が求められるケースがあります。

 

どのようにして社会保険料を支払うのか、会社ごとのルールを確認しておきましょう。

 

休職中の連絡方法
休職中の連絡方法や連絡頻度を知っておくことも大切です。

具体的には「連絡手段はメールなのか電話なのか」「どのようなタイミングで連絡をとるのか?」など。

 

また、気になることがあった場合の連絡先や担当者も合わせて把握しておくことで、より安心感を得られるでしょう。

 

休職手続きをする

会社の休職制度について理解できたら、必要書類への記入・提出を行い手続きを済ませます。

基本的に、会社担当者とやりとりを行うため、不明点はその場で確認しましょう。

 

また、次の項目でご紹介する傷病手当金を受ける際に必要な書類にも「事業主記入用」の欄があります。

 

おそらく、会社側も傷病手当金の手続きについては理解しているはずです。

しかし、念のため記入を依頼する箇所があることも覚えておきましょう。

うつ病の休職中にもらえる傷病手当金について

傷病手当金は病気などの理由により会社を休む際、事業主から十分な報酬が得られない場合に支給されます。

 

被保険者やその家族の生活を守ることを目的としている制度です。

 

対象となる方は「健康保険加入者」かつ「4つの条件を満たす方」です。

 

また、支給を受けるには書類提出などの手続きが必要なため、事前に概要を理解しておきましょう。

 

※当記事では協会けんぽの傷病手当金について解説しています。

傷病手当金が支給される条件

傷病手当金が支給されるためには、次の4つの条件を満たす必要があります。

  • 業務外の病気や怪我による休業
  • 働くことができない
  • 連続する3日を含む4日以上仕事ができない
  • 休業期間中の給与が支払われない

ひとつでも満たさない項目があると、支給対象にはならないので注意しましょう。

 

業務外の病気や怪我による休業
傷病手当金が支給されるのは、業務外の要因による怪我や病気のケースです。つまり、うつ病や抑うつ状態の場合、家庭内のトラブルや大切な人との離別などが挙げられます。

 

働くことができない
傷病手当金の支給条件のひとつ「働くことができない」というのは、自己判断ではなく、医師の診断が必須です。
そして、書類にその旨を記載してもらわなくてはいけません。医師から口頭で休んだ方が良いとアドバイスを受けただけでは、対象とならないため注意しましょう。

 

連続する3日を含む4日以上仕事ができない
傷病手当金は、休業してから4日目以降の仕事を行えなかった日に対して支給されます。仕事を休んでから3日間は「待機期間」と呼ばれ、傷病手当金は支払われません。注意点は「連続する3日を含む」と記載がある点です。

仮に10/4、10/5、10/6を連続して休業した場合、待機期間の条件を満たしているため、10/7からは支給対象です。

しかし、10/4と10/5に仕事を休み、10/6に出勤、そして10/7に休業した場合は、連続した3日を含まないため、対象になりません。

傷病手当金の条件

参考:[全国健康保険協会](https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3040/r139/)

 

上記の表の通り、たとえ10日間中半分以上を休業しても、何度か出勤している場合は待機完成とならないため条件を満たしません。

 

休業期間中の給与が支払われない
傷病手当金は、怪我や病気で働けない期間の生活保障を目的とした制度です
そのため、事業主から給与が支払われている間は支給されません。
ただし、給与が支払われていたとしても、傷病手当金よりも金額が少ない場合は差額分が支給されます。

傷病手当金でもらえる金額

傷病手当金として受け取れる額は人それぞれ異なっていますが、おおよそ給料の三分の二程度と考えておくとわかりやすいです。

 

正確な計算式は下記の通りです。

支給開始日以前の継続した12ヶ月間のそれぞれの月の標準月額を平均した額÷30日×2/3

標準月額とは、毎月の給料月額をいくつかの幅に区分して設定されている金額のことです。

そのため、厳密な計算のうえでの給料の3分の2ではありませんが、ほぼ同じと考えられます。

支給開始日以前に勤務している期間が12ヶ月に満たない場合など、特殊なケースについては、全国健康保険協会の公式サイトをご覧ください。

傷病手当金が支給される期間

傷病手当金は支給開始から最大1年6ヶ月間支給されます。

ポイントは、1年6ヶ月分の金額が支給されるわけではないということ。

傷病手当金の支給期間

参考:全国健康保険協会「病気やケガで会社を休んだとき(傷病手当金)」

 

最初に傷病手当金が支給された日から、途中の復帰期間を含めて、最大1年6ヶ月です。

 

具体的な日程を挙げてご説明します。

仮に1/12に支給が開始されてから2ヶ月後の3/12に、仕事復帰したと仮定しましょう。

そして、復帰してから3ヶ月後の6/12から再び休業する場合、6/12から1年6ヶ月間支給されるわけではないのでご注意ください。

傷病手当金の申請方法

傷病手当金の支給を受けるには申請の手続きを行わなくてはいけません。

まず、基本的に傷病手当金は休業した後に申請する流れです。

 

この場合、短期間の休業であれば問題ありませんが、長期に渡る休業の場合は手当金の受取までに時間がかかってしまいます。

解決策として、一定期間ごとに区切って申請することが挙げられます。

 

参考までに、協会けんぽの公式サイトでは1ヶ月単位での申請を推奨しています。

 

傷病手当金の申請手順は下記の通りです。

  • 傷病手当金支給申請書を取り寄せる
  • 必要項目に記入する
  • 提出する

 

それぞれの項目ごとに、もう少し詳しくご説明します。

 

①傷病手当金支給申請書を取り寄せる
まずは「傷病手当金支給申請書」を入手します。
傷病手当金支給申請書は、協会けんぽの公式サイトからダウンロードできる他、会社の担当部署で受け取れる場合もあります。

参考:全国健康保険協会「健康保険傷病手当金支給申請書」

 

②必要項目に記入する
傷病手当金支給申請書は、次の3つの項目によって成り立ちます。

  • 被保険者記入用
  • 療養担当者記入用
  • 事業主記入用

まず、自身で「被保険者記入用」の書類を作成しましょう。
「療養担当者記入用」は医師に働けない状態であることを証明してもらう書類です。病院によっては書類作成に時間がかかるケースもあるため、早めに依頼しましょう。

 

また、「事業主記入用」は休職期間中に給与が発生していないことを証明する書類です。3種類の書類がすべて揃ったら、保険者への提出を行います。

 

③提出する
傷病手当金支給申請書は会社を通して提出する他、自身で郵送することもできます。また、傷病手当金は書類の審査が無事に終わり、受理されてから支給されます。申請が遅くなるほど手当金を受け取るまでに時間がかかるため、書類は早めに提出しましょう。

 

傷病手当金が振り込まれるまでの目安は、2~4週間程度です。

不備などがあった場合はさらに時間を要すため、記入漏れがないようにご注意ください。

うつ病による休職中の過ごし方と休職期間

うつ病や抑うつ状態でによる休職期間と、過ごし方について解説します。

うつ病の休職期間の平均は?目安はどのくらい?

軽度

まず、うつ病の症状としては下記が挙げられます。

  • 気分の落ち込み(抑うつ)
  • 心が落ち着かない
  • 倦怠感がある
  • 集中力がなくなる
  • 眠れない
  • 生きる気力がない
  • 食欲異常
  • 自分を責めてしまう
  • 何をしても楽しめない
  • 身体症状(動悸、めまい、胃の不快感等) など

上記で挙げた例のうち、いくつかが当て嵌まり、なんとか仕事は続けられている場合は軽度と判断される可能性があります。

 

中度

中度のうつ病の場合、軽度の欄でご紹介した症状がより多く当て嵌まります。

軽度のうつ病に比べて、心身ともに疲れているため出勤はしていても遅刻や早退が多くなるなどの影響が出る場合もあります。

そのため、1ヶ月だけでなく、3~6ヶ月程度が休職期間の目安です。

 

重度

重度のうつ病の場合、軽度の欄でご紹介した症状が中度よりもさらに多く当て嵌まります。

早急に休職をして心身をゆっくりと休ませなくてはいけません。

職場復帰までに時間がかかるパターンも想定されるため、休職期間が6ヵ月異常となる場合もあります。

うつ病の休職期間の過ごし方は?

うつ病で休職している間、どのようにして過ごせば良いのか3つのポイントをご紹介します。

 

心と体を休める
とにかくまずは心と体をゆっくりと休めましょう。

仕事のメールをこまめにチェックしたり、復職後のことを考えていては、気持ちが休まりません。社員の一人として、現場の状況が気になる気持ちはわかりますが、休職中は自分の身体を第一にお考えください。

もちろん、休職していることに対して罪悪感を覚える必要もありません。

 

生活リズムを整える
心と体が十分に休まってきたら、生活リズムを意識して過ごしましょう。

ポイントは、出勤がなくても仕事がある日と同じ就寝サイクルを作ることです。夜中に寝てお昼過ぎに起きる夜型生活を続けていると、体内時計が乱れ、倦怠感や食欲不振など、身体に悪影響を与える可能性があります。

「毎日7:30に起きる」など、自分で起床時間を決めるのも良いでしょう。

ただし、決めた時間に起きられない日があっても落ち込む必要はありません。「そんな日もある」と楽観的に考えるようにしましょう。

 

リラックス方法を見つける
うつ病で休職している間に、心が安らぐリラックス方法を見つけることも大切です。

  • ゆっくり入浴する
  • 読書をする
  • 音楽を聞く
  • ヨガをする
  • アロマの香りを楽しむ など

リラックス方法はたくさんありますが、人によって相性の良さは異なります。

まずは興味のあることを無理のない範囲で取り入れてみると良いでしょう。

 

軽い運動を取り入れる

うつ病による休職中に軽い運動を取り入れるメリットは2つあります。

  • 気分転換になる
  • 体力を落とさない

それぞれのメリットについてお伝えしますね。

 

気分転換になる

一つ目は気分転換になることです。

自身が心地良いと思える強度の有酸素運動を行うと、体内でセロトニンが分泌されます。

有酸素運動とは、軽~中度の負荷をかけて行い、酸素によって脂肪を燃焼させる運動方法のこと。

具体例としては、ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどが挙げられます。

そして、セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、精神面にも良い効果をもたらすと考えられている物質です。

ちなみに、セロトニンは有酸素運動の他、日光を浴びた際にも分泌されると言われています。

 

体力を落とさない

休職中に軽い運動を取り入れるメリットの二つ目は、休職前の体力をキープできること。

通勤や仕事中の移動がなくなると、どうしても運動量は落ちてしまいます。

結果として体力低下に繋がり、仕事に復帰した後に疲れやすくなる可能性があります。

体力低下を防止するためにも、ウォーキングなど無理のない運動を取り入れるようにしましょう。

うつ病による休職からの復帰で大切なこと

うつ病や抑うつ状態による休職をした後、復帰をするうえで大切なポイントをご紹介します。

復職タイミングは自己判断しない

復職するタイミングは、自分で判断せずに必ず担当医に相談しましょう。

 

「会社に迷惑がかかってしまうから」「遅れを取り戻したい」などの理由により、早く復職したいと願う気持ちがある場合も、焦りは禁物です。

無理な復職は症状悪化の原因にもなり得ます。

また、会社側にとっても、医師の判断による復帰でない場合、安心して復職者を迎えられません。

 

このように、さまざまなデメリットがあるため、復職タイミングの自己判断は避けましょう。

復職後も無理はしない

大前提として、うつ病や抑うつ状態などの精神的な症状は、時間をかけながら少しずつ体調を戻していく必要があります。

そのため、無事に復職した後も絶対に無理はしないでください。

また、生活リズムを整え、夜更かしなどの健康に悪影響な要素を避けるようにしましょう。

 

おすすめの方法は、毎日の体調や食事、睡眠時間について記録を残すことです。

自身で日々の体調の変化に気づくことができ、健康への意識が高まります。

 

さらに、不調を感じて病院に行った際も、いつからどのような症状があるのか、具体的に伝えることができます。

治療を止めない

復職後に症状が和らいだと感じたり、仕事が忙しくなると、つい通院を止めてしまう方もいます。

しかし、病院に行かない期間が長引くほど足が遠のき、治療が中断することで体調が悪化する可能性があります。

 

自分では治ったと思っていても、お薬やカウンセリングにより体調がキープできていることが多いです

そのため、受診や服薬などは自己判断で止めてしまわず、医師の指示に従いましょう。

 

また、定期的に通院をすることで少し不調の波がきてしまったときでも受診予定があることで安心したり、受診までの見通しがあることで体調管理ができたりすることもあります。

ストレスを溜めない

復職されるときは、休職前と比べてうつ病の症状は落ち着いてきていると思います。

ただし、症状の再発を防止するためも、ストレスを溜めないように意識し続けることが大切です。

 

ストレスを溜めないためのポイントとしては、下記が挙げられます。

  • 頑張りすぎない
  • 休日は仕事をしない
  • 趣味を楽しむ
  • 気分転換はこまめに行う
  • 適度に外出する
  • エクササイズをする など

まず、休職した分を取り返そうと、仕事を頑張り過ぎないようにお気をつけください。

復職前に業務量などについて主治医や会社にも相談をしておくとよいかもしれません。

また、休みの日は友達や家族とゆっくり過ごしたり、スポーツやショッピングなど自分が楽しいと思えることを行いましょう。

 

休日にずっと家のベッドで過ごしていると、気持ちが休まるどころか余計にストレスが溜まる可能性もあります。

無理のない範囲で、気分転換の散歩を兼ねたウォーキングなどを取り入れてみましょう。

復職に向けて準備をする

休職期間を経ての復職へ向けて、事前に準備することも大切です。

いきなり復職するよりも、徐々に身体を慣らして気持ちを整えるようにしましょう。

例えば、生活リズムを仕事をしているときと同じに戻す、通勤訓練を行い不安をなるべく取り除くなど。

 

また、サポートを受けられる職場復帰プログラムなどの利用もおすすめです。

就労移行支援事業所のLITALICOワークスでは、うつ病による休職からの復職や、転職についての相談を受付しています。

気になることや相談したいことがある場合は、気軽に活用してください。


【無料】就労移行支援がよく分かる資料をダウンロードする

うつ病時の休職のまとめ

うつ病や抑うつ状態は医療機関で適切な治療を受ければ、症状の緩和が可能です。また、治療効果を上げるためには、休職してゆっくりと身体を休めることも大切です。休職中は仕事から適度に離れ、リラックス方法を取り入れつつ療養に専念してくださいね。

 

また、症状が和らいできた後は、復職に向けて徐々に準備し、スムーズな復帰を目指しましょう。

 

「あなたの「働きたい」をサポートする就労移行支援

うつ病があって働くことに不安を感じる方もいるかと思います。

そのようなときに活用できる支援の一つに、「就労移行支援」があります。
就労移行支援とはうつ病をはじめとする障害のある方へ、就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートをおこなう福祉機関のひとつです。

LITALICOワークスは、うつ病への理解があるスタッフが、一人ひとりの悩みや気持ちに寄り添い、それぞれに合った目標やペースで、就職までの道のりをサポートします。
「自分に合う仕事が分からない」「ブランクが長くあり働くことが不安」「仕事が長続きしない」など、就労に関するお悩みをぜひ、お気軽にご相談ください。


【無料】LITALICOワークスのスタッフに自分に合った働き方を相談する

参考文献・URL

  • 監修

    医学博士/精神科専門医/精神保健指定医/日本産業衛生学会指導医/労働衛生コンサルタント

    染村 宏法

    大手企業の専属産業医、大学病院での精神科勤務を経て、現在は精神科外来診療と複数企業の産業医活動を行っている。また北里大学大学院産業精神保健学教室において、職場のコミュニケーション、認知行動療法、睡眠衛生に関する研究や教育に携わった。

関連ページ

まずはお気軽にご相談ください
障害や就職のこと、LITALICOワークスに相談してみませんか?
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。無料でご相談いただけます。
お電話でのご相談もお待ちしています。
受付時間 平日10:00〜17:00

このページに関連する
おすすめコンテンツ

わたしに合ったサポートを相談する
ページトップへ